カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)

山でウドを採り、海でイカを釣る   ,2014/04/28 (月)

ここひと月ばかりずっとアミガサタケを追ってきたけれど、旬はそろそろ終わり。キノコと新芽を求めて 春の野山をウロウロする集中月間はここらが終盤。かと思えば海の方からは 春のイカやらスズキやらの話も聞こえてきたりして。山の幸も海の幸もどちらも獲りたいならば、ちょうど今週末が春の天王山。二つに分かれた今年のGWの前半戦は フィッシュ&フンギを狙う。まずは昼間の内に山の幸を。黄色いアミガサタケが出るシロへ行...

スズキは逢えず、今週もウツボ   ,2014/03/21 (金)

昨夜から見事な冬型の気圧配置になって、一歩冬に後戻り。こういう時の伊豆は強い西風になって海も荒れる。朝からヒラスズキを狙いに行ってみるものの、波が高くておっかない。頭から波のシャワーをジャバジャバ浴びるけれど、陽光もあってそれほど寒くはない。サラシはたっぷり出ていて悪くはないのに、気のせいか魚ッケを感じない。やたらと海色が緑色なのは関係あるのかな?川からの濁り水のせい?昼間は沢を歩いてキノコを探し...

久しぶりのヒラスズキ   ,2014/03/16 (日)

昼間の椎茸沢から降りて、夜は海へ。先週と同じ場所・同じ状況でウツボを狙いに。前回は上手く調理できなかったけど、とにかくもう1本試してみたい。今回は食いつくところを見てやろうと、ライトでじっと海底を照らす。エサを投入してからものの5分でウツボがニョロリとやってきた。光をイヤがる様子もなく、グルグルと臭いを頼りにイワシに近づく。鼻先にイワシの存在を感じた瞬間に、ためらいなくバクっと食いついた。何度か掛...

ウツボを狙って釣る   ,2014/03/08 (土)

日中の渓流釣りの帰りにちょっと寄り道、夜の港へウツボを釣りに。コトの発端は四国で食ったカワチク。ハモの皮を竹筒にグルグル巻いて焼き上げたアレがとても旨かった。残念ながら関東では売ってないそうで、そうなるとまた食いたくなる。無いなら作るか、いやでもハモって釣れるのか?近縁のウツボじゃダメ?暖かい伊豆の海で遊んでるとウツボは身近な存在で、頻繁に見かける。泳げば岩の間にウヨウヨいるし、夜の港でユラーと散...

渓流散歩   ,2014/03/08 (土)

春が始まると思いきや、今冬最大の寒波が押し寄せて来るという今週末。自宅横浜は春めいた暖かさから一転、急に冷たい風に吹かれたけれどいざ伊豆の南に来てみれば全然寒くない。やはりここは南国。今週末もアマゴと椎茸に逢うため渓流散歩を。解禁から1週間経ったせいか 寒い朝のせいか、釣人の車も影も無く。誰も居ない渓を独り占めできるのは とても嬉しい。新規開拓の場所に来てみれば、倒木からボボっと生えた椎茸を発見。も...

椎茸、アマゴ、河津桜   ,2014/03/02 (日)

初日は魚をこぼしてしまったので、もう1日渓流を楽しもうかと。そうと決まれば、今朝採りシイタケを肴に呑んで寝てしまおう。河津の町で買ってきた豚肉と一緒にフライパンで簡単BBQに。チュワ~っと椎茸からは旨み汁がたっぷり。塩だけでメッチャ旨い。ホントは魚と一緒に食いたかったな。朝、予報通り冷え込んだ上にどんより雲の雨。今日は1日こんな天気。河津桜が満開になった川端の遊歩道を散歩する観光客は少なく、川の支...

渓流解禁、春の贅沢   ,2014/03/01 (土)

春が来た。毎年恒例の解禁祝いは決まって伊豆の渓流へ。関東エリアのどこよりも早く春が訪れ、一足早い桜も楽しめる河津へ。1年振りに来ると、渓相は少しずつ変わってる。崖の崩落があったり、岩の配置が変わったり、倒木が出来たり消えたり。そんな変化はあるけれど、いつもの倒木では毎年と同じく点々と椎茸が並んでる。この木もいつかは朽ち果てるけれど、今年もキノコを分けてくれてありがとう。程よい淵があればルアーを通し...

四国遠征、最後の最後に   ,2014/02/21 (金)

四国遠征春鰤アタックも5日目。今日で黒潮の海とはお別れ。シャクリ続ける日々は次第に修行じみてきた。モヤモヤした雑念と余分な体の動きは消えて、飽きも疲れも感じない。じっくりと鰤が食いつくその瞬間を意識してイメージする。逃したスズキも 足元のヤガラも、もはや眼中にはなく念仏のようにカウントを数え、遠くを見つめて淡々とジグをシャクる。朝、ルアーの届かない沖ながら、ナブラがビシャシャと走るのを見た。やっと...

四国遠征、スズキをこぼす   ,2014/02/19 (水)

四国遠征春鰤アタック、シャクり続けること3日目。この日の朝も 何も起こることなく陽はどんどん高く昇る。相変わらず足元にはヤガラがユラユラ泳いでゆくが、青物の気配は皆無。せめてメジロでもハマチでも、ヤズでもいいから何か来い。せっかく買ったおニュウのロッドを試す機会がなかなかやって来ない。今回選んだのは、YAMAGA Blanksの"BlueSniper 100MH"。地磯青物用に使ってたAR-C1006MHが重かったのか、比べると随分と軽い...

四国遠征、初日はヤガラ   ,2014/02/17 (月)

四国遠征春鰤アタック初日。軽くサーフで朝マズメの探りを終えたら、この旅の最終目的地へ向かう。釣り友から教えてもらったポイントは どーんと南の大洋を見据える黒潮の海。見た限り鳥山も無くナブラもないけれど、海底にブリが居るなと妄想を抱きつつ、ジグでじくじくと地味に底を探り続けるってのが今回の作戦。とは言え イマイチ手応えが無いので夕方前には疲れ始める。そんな時ふと足元を見ると何やら細長い魚がユラ~と泳ぐ...

ヤリイカの卵を食う   ,2014/02/04 (火)

先週末に獲ったヤリイカを食おう。たっぷり釣れたら、干したり漬けたりアレコレ試してみたかったけれど釣れたのは1杯だけなので、まずはシンプルに頂くことに。包丁を入れつつ割ってみてびっくり。つぶつぶのモノがギッシリ詰まってる。これが卵か。大きくない個体はメスだと聞いていたけどなるほど。そっと取り出して観察、なんとも繊細で美しい。直径は2mmより小さい、もの凄く透明感のある薄黄色の粒々。それらが透明の袋にギ...

ヤリイカ?を釣った   ,2014/02/01 (土)

今週末も金曜の夜から伊豆の海に出張ってヤリイカを狙ってみるものの周囲の釣人にも釣れてる様子もなく、睡魔に負けてすごすご退散。釣具屋で聞くと、時期のピークは過ぎてるそうで、最近は釣果もパッとしないとか。とは言え やってみないと分からないのが釣り。日が暮れ前にまた堤防に向かう。狙いの堤防にはすでに釣人が集まっていて、良いポイントはあらかた陣取られてる。端っこの方に座を構えてウキに明かりを灯し、ササミを...

おでん熱燗ヤリイカ夜祭   ,2014/01/11 (土)

さてヤリイカを釣りに行こう。夕暮れを追いかけるように伊豆の海へ。初めての釣りでよく分からないので、とにかくそれっぽいエリアに車を走らせると、堤防の前の黒々した海面に 赤や緑の光の点がプカプカ浮遊しているのが見えた。なるほどアレがそうか。更に走らせると岸寄りに煌々と灯りをともす船も見える。対岸に見える夜景と共に シンと静まった冬の海辺がキラキラと夜祭りみたい。不慣れな釣りを試してみるには、ちょっとばか...

ササミの塩漬けヤリイカ用   ,2014/01/09 (木)

ヤリイカが岸から釣れるという話を聞いた。今度是非やってみよう。とは言え浮キ釣りなんてロクにやったことがないので よく分からない。まあとにかくテーラーというものに鶏のササミを巻きつけて流せばイイようで。アレコレ調べてなんとか道具を揃えて、ついでにエサも自前で用意してみることに。ササミは身持ちを良くするために塩漬けにするのだとか。試しに1パック買ってきたのを塩でまぶしてクッキングペーパーで水気を取る。...

ツミレを手弁当にまた磯へ   ,2014/01/04 (土)

先週のワラサはアレコレ食い尽くして、最後にツミレ汁にした。そいつを手弁当に またワラサを釣りに磯に来てみた。ワラサを食いながらワラサを釣るなんて調子が良過ぎるとは思ったけれどどうやら先週から吹き続きの西風のせいか、ぐっと水温は下がったようでそれが原因かは分からないけれど、青物は姿を現さなかった。今日は釣れなくてもまあいいや。スープと一緒に暖めて、波と風をぼんやり見ながら団子をほおばりつつまた釣れる...

嵐の隙間にワラサが出た   ,2013/12/29 (日)

磯に出てみれば強風。波しぶきが舞い上がって小雨みたいに降り注ぐ。これだけ風が強いと投げられるルアーも限られるし、真向かいにしか投げられない。手前に広がるサラシにミノーを投げてはヘロヘロと探る。とにかく出来ることはこれぐらいしかない。足元でヒラスズキが来たらいいなと。試しにダイペンを投げてみると、海面が荒れまくって巧くダイブしない。こういうときにはシンキングのダイペンもアリかもしれないと思える。だと...

ワラサはバラし、キノコは逢えず   ,2013/12/01 (日)

いつものように伊豆へ。暗い内から磯の先端に降りて星を見てると、偶然というか何時もの通りというか釣り友がやってきたので 暖かいカップ麺を一緒にすすって朝を待つ。イカは探ってみたけれど全く気配もなく、明るくなったところで本命の青物を。少し離れてルアーを投げていると、隣から釣友に呼ばれた。見ればさっそくロッドをグインと曲げている。おおっ来たな!ワラサいいなあお見事なランディングを背中から見守った後に、さ...

魚を少しとキノコ散歩   ,2013/11/23 (土)

随分と朝が寒くなってきたけれど、最近は磯にカップ麺を持っていくようになって、これがとっても暖かい。日の出間近の冷たい風にも、体の中からホッと一息。明るくなってダイペンを打ち込んでいると、ググンと元気のよいアタリが来た。ポーンと余裕で抜き上げできるワカシサイズ。立て続けに3本ほど来たけれど、小気味良い暴れっぷりに呑気に対応したせいで途中であっさりバラして結局獲ったのは1本。まあ、ツミレ汁にすれば十分...

予測地点にヒラマサが出た   ,2013/11/09 (土)

いつもはアテズッポウで釣り場を決めるのだけれど、手錬釣師に潮を読む方法を教えてもらったので、今回は自分なりに読んでみる。地形と風と釣果情報を織り交ぜて、今日はココという確信が沸いてきた。その狙いが正しいかどうか確かめるべく、夜のうちから伊豆へ急ぐ。現場へ向かう途中、偶然にも釣友とバッタリ会って 行き先も同じだと言う。聞いたところでは その沖で結構釣れてるという情報があるとか。これで確信にまた一歩近づ...

ワラサにブリ虫が住んでた   ,2013/10/28 (月)

先週末は、海から幸せな収穫をタップリと。3kg半のワラサ、指4本分の太さのタチウオ、テカテカに光るサバ2匹。こりゃあ1週間で食うのは大変、とにかくまずは捌いてしまおう。サバは3枚におろしてみると身がホロホロ。塩で〆ておく。タチウオはワタと頭を抜いておけば多少持つだろうから、包んで冷蔵に。ワラサはとにかく大きいので柵とカマにしてしまおうかと、包丁を入れる。大きい青物は、簡単なわりに豪快におろせるのでと...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。