カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あっさり刺身に銀餡金餡   ,2012/07/30 (月)


昨日釣ったイナダを捌く。
今回はワタ入りのまま、現場での神経〆と海水氷冷却をやってみた。
上手く保存ができたようで、ワタも匂わず、身の色つきもよく身割れもない。
うーむ、状態はすこぶるイイように思う。まあ当分このやり方でやってみよう。

状態は良いけど 脂の乗りはイマイチ。
こういうあっさりした魚は醤油で刺身を食うと、醤油味に負けてしまう。
いつもそんな時は 塩と少々のオリーブオイルで食うのだけれど、
こんな時に使えるソースが他にも無いだろうかと試してみた。

1つは銀餡。昆布だしをひいて、塩と数滴の醤油で味付け。片栗でトロみ付けした。
もう1つは、更にその銀餡を卵黄で混ぜたもの。金餡とでも言っておくか。
刺身に青ネギを抱かせて、銀餡と金餡をそれぞれつけて頂く。
ふむ、なかなか悪くないけれど、ちょいとパンチ不足のような
いやいや、ソフトな味わいを楽しむためなんだからコレでイイような。。
悪くはない。もう一工夫考えてみるか。

身の状態はすごく良さげ。現場の処理が効いたか

醤油ではキツ過ぎる刺身を食うための味実験。


新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。