カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
釣り人たちの夏合宿   ,2012/07/28 (土)
今週末は釣り合宿。
伊豆の磯に通ってる内に知り合った釣り仲間達と集まって
それぞれ釣った魚を持ち寄って 食って飲んで騒ごうってパーティ。
いつもは食える分だけしか釣らないけど、今日は獲れるだけ獲る。

まずはサクっと蟹獲りに。初夏を過ぎたこの時期になるとスっと少なくなる。
それでもなんとか見つけた食えるサイズのものを3匹獲って、さっさと次へ。
ウナギも獲りに行きたいトコロだけれど、時間がないので磯へ急ぐ。
案の定、目的の場所には先行車と これから行くつもりのお仲間達。
今日はきっと何処へいっても混雑してるはずだ。少し妥協して磯へ降りる。

両隣の磯にはお仲間が居る。これだけ居れば誰かアタリが来るだろう。
薄っすら空に青みが差してきて、目前の海にはいい感じの流れと潮目が。
これは絶対ナンカ来るぞって雰囲気。足元が少し見えづらい時間から投げ始める。
ドラドペンシルをシャボシャボと表層走らせて数投目に、ググンと来た!
ダツかな?と思う感じの元気いっぱいさと軽さ。揚ってきたのは40cmワカシ。
よーし今日は数を集めるぞ、と思ったけれどコレっきり。

段々潮目もユルんできたところでジグにチェンジして、思いっきり投げる。
ずっとやると疲れるけれど、表層早巻きでビシャビシャやってると、
シュッと横切る魚影が見えたと思ったらグンと来た。きっとシイラだ。
一口咬んだっきり針に乗らず。何度も探ってみるけど、シイラもそれっきり。
朝も9時を回ると、もはや潮もダルく体もダルイので撤収。まこんなモンだな。



各地にバラけて釣りをしていたメンバー達が、お昼の約束の時間にワラワラ集まる。
全体的に渋い状況ながらも、さすがに獲る人は獲る。それなりに食える量が集まった。
食材やらビールを買い集めて 貸し別荘へGO
到着した頃にはなんだかハラ減ってきたので、休む間もなく料理へ。

もうそこからは十数人がゴッチャゴチャで何がなにやら。
庭で炭火が起され、大量の魚介類がザクザクと捌かれ、
テーブルでは山盛りの野菜をざくざく、粉をコネコネ、炊けた飯を握って
疲れた人はゴロゴロ、飲みたい人はビールゴクゴク、ダハダハ笑ってしゃべって
カマが焼かれて、ヒラメが盛られて、気がつけばピザもパスタも。

これだけ釣りの手錬が集まったら、是非とも聞いておきたい事は沢山あったけれど
半分も聞かないうちに、食って飲んで騒いで大盛り上がり。
釣り人が釣って食うパーティ、これはかなり楽しい。

なんとかイシガニを1食分ぐらいゲット。

他の釣り人の道具や魚の扱いをじっくり見ておけばヨカッタ

カマ焼き旨かったナ

皆がアレコレワイワイ料理して飲んで食って遊ぶ


新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。