カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
爆釣イナダを神経絞めに   ,2012/07/14 (土)


魚の鮮度を維持する"神経絞め"というワザがあると。
素人ワザでないと思ってたけど、釣友が実践してると言う。
やり方を教えてもらったら、意外とできそうだ。
ステンレスの棒を加工して作った絞め具を持って、いざ伊豆へ。

示し合せたワケでも無く、釣り仲間が来たので共に磯へ降り立つ。
程よく荒れてイイ感じ。はやる気を抑えてラインを結び直す
その間に先に打った釣友が1投目で食って来たと言う。
表層で食うならばトップwで行くか。風に乗せて飛ばし切り、
シュボシュボと巻いてくると確かに食ってくるけど針に乗り切らない。
ならばとミノーに変えてブリブリ巻いてくるとグンッと乗った!
元気良いヒキ、揚がってきたのは40cmぐらいの小さなイナダ。

さっそく神経絞めを試すチャンスが来た。
まずはエラぶたから背骨向きにナイフをいれて、息の根を止める。
ここからが本題。尻尾の付け根辺りを骨まで断って、断面を観察。
骨の中心にある髄の穴よりひとつ上、神経筋の穴を確認できた。
その穴に針金を差し込むと、抵抗も引っ掛りもなくスーッと入る。
先端が届いたトコの身がピクピク動き、寝ていたヒレがピンと立つ。
何回かしごいて神経を潰す。これでOKなのかな?
まあ、聞いていた通りだった。たぶん出来てるんだろう。

作業は思ったよりも簡単。難点はシッポがブラブラになるの点。
持ちにくいし、みてくれも少し残念な感じになっちゃう。
そのデメリットに見合った効果が得られればいいのだけれど。

急いで絞めて 釣りを再開すると、更に続けてポンポン釣れる。
表層掻き回しても、底から探っても、釣れる釣れる。
4本を神経絞めしてキープ。ワザも理解できたし収穫十分。
もっと大きいのを期待して探るけど、同サイズのイナダばっかり。
こんな朝の大盛り上がりの後はパタリと止んでそれっきり。

更に集まってきた釣友達らはヒラマサやマダイなんかも釣ったようで。
メシの後に一緒に磯に出るものの誰も釣果は続かず。
まあ、今日の本命"神経絞め"を試すコトができたので満足。

尻尾の付け根を切って骨を露出。血が出るとちょっと見難い

神経穴に針金を差し込んで出し入れするとピクピクと。

今日のヒットルアー。

釣って絞めてを短時間で集中するので大変。時合が長くて助かった。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • カルクウまるてる (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2012/07/17
  • ..[編集]
血抜き&神経締めの恩恵がどんのものか、
わかるのはこれからですが、そうそう1発でハッキリしたものかどうか。。
今まで神経〆はしてませんでしたが、熟成はやってます。
保存3日目以降、人によっては腐敗と考えるかもしれませんが。。
  •  (#)
  • ,2012/07/16
  • ..[編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。