カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
獲ったウナギと山椒を鰻丼に   ,2012/06/04 (月)


先週末の収穫は海山色々。トビウオ、ウナギ、モミジイチゴ、山椒、ウドも少々。
今夜はウナギを頂くことに。

長さは前回より少し短くて55cm、その分身が細くなるので捌くのがチマチマ。
味はともかく、作業だけで言うと大きい方がイイな。
捌いた骨と頭と尻尾は焼いてタレで煮込み、先週残ったタレと合流させる。
これで2匹分の旨みがタレとなったワケだ。こうやって濃厚になっていくのか。

今日はウナギのパートナーに山椒があるので それをお供に。
青い実はそのままカジると舌が麻痺するほど強烈なので、2分ほど湯に通す。
すこしキツさが抜けてマイルドになるので 塩で軽く漬けておく。

今回の蒲焼きは、関東風(?)に蒸してみることに。
まずは 少し焦げ目ができるまで白焼きにする。前回より脂が少ないような?
お次は蒸すこと10分程。皮が柔らかくなったら、最後にタレを塗って網で2度焼き。
ちょうど炊けた熱々ごはんをよそって、どーんとウナギを乗せる。
タレを少々掛け回して 塩まぶしにした実山椒をトッピングしたら完成。
おお、ウナ丼な作ったの初めて。収穫ウナギと山椒が旨そうになって感無量。

前回メッチャ固かった皮は、蒸したおかげでふっくら仕上がった。
身は川魚らしい旨さがしっかり、加えてタレの濃厚なコクが後押し。
重くなりがちな旨さの中に 軽くシビレルほど爽やかな山椒がとってもイイ
うむ上出来。さすがよく出来たレシピだなあ、めっちゃ旨い。
まあ、当分飽きるまでは毎週1本収穫したいな。

先週末の収穫は海に山に色々で楽しい

2匹目のエキスを吸ってワイルドさが増したタレ



レシピ:ウナギのタレ
ウナギの頭・骨・尻尾など余ったトコを白焼きにして、
素タレと一緒に弱火で30分程煮込み、アクをとる。
素タレ(コップ1杯程度)=醤油140cc/みりん120cc/砂糖100g/酒40cc

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • カルクウまるてる (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2012/06/07
  • ..[編集]
>Ikeさん
旬のワイルドを獲りに行くしかない!ですねw

>seakayakerさん
山椒が入手できたら、お次はジャコかウナギが欲しいとこですよね。
梅雨時が旬、トライしてみては~
  • Ike (#-)
  • URL
  • ,2012/06/07
  • ..[編集]
ワイルドだろ~(笑)
山椒大好き、鰻大好き。困ったワン!
  • seakayaker (#-)
  • URL
  • ,2012/06/07
  • ..[編集]
最高に旨そうです!
毎年山椒を炊いて、保存するんですが、たまりません!天然うなぎとの組み合わせ、うらやましい(笑)

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。