カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上品ヒラメと皮厚ヒラスズキ   ,2012/05/09 (水)


昨夜さばいたヒラメの半分は焼いて食って旨かった。
日曜に釣ってから今夜で丸三日。今夜は刺身で頂こう。
熟成が進んだためか、昨日味見したのより少し美味しい。
とっても上品で繊細な旨みなので、醤油ではキツイ、塩と少々のオイルで。
なるほどヒラメってやっぱり旨いんだな。よく判った。

鱸は塩とハーブで軽く馴染ませたら、ポワレに。
普通、魚の皮側だけを焼くと 熱で縮んでブリッジ状になるけれど
今回のスズキは丸まるぐらいに強く反ってる。
上手く皮パリに焼けなかったし、分厚い皮は食いきれなかった。
こんなに皮厚かったっけ?大きかったからかな?
皮が反らない方法があるんだろうから調べようっと。

ヒラメとヒラスズキの身。ヒラコンビ。

ヒラスズキのポワレは皮が厚くてカリっと焼けずでイマイチ

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。