カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見えた魚影はヒラスズキ   ,2012/05/05 (土)
さて、魚介類を狩りに行こう。
天気と風の予報を見て南伊豆へ。南西寄りが荒れてるようだから
スズキを狙ってもいいし、波の裏へ回ればイカが狙えるかと。

波の様子を見て、エイヤで初めての磯に。暗い断崖の何処から降りたものやら。
なんとかロープを見つけて降りてみたら、イワシが波に打ち上げられてる!
チャンスか?急いでセッティングしてルアーで探るものの反応は無い。
ならばせめてイワシを回収しようと思った時は遅し、波にさらわれて無くなってる。
アンチョビ1瓶ぐらいは作れたのになあ。残念。
カモメが乱舞し、雰囲気はいいんだけど 結局朝は何も釣れなかった。

磯に着いてみるとカタクチが打ち上がってる!

かなり手前にカモメが寄ってる。ベイトは居るようだ。



ぐっすり昼寝を終えて夕方前に再び磯へ。
風がキョーレツに吹き付けて、狙いの磯に降りる途中で吹き飛ばされそう。
イクかヤメるか悩んでると、崖下の海の波間にチラリと魚体が見えた!
投げれば釣れそうな予感、これは是非とも行くべし。
仕方が無いのでメインルートは諦めて、風裏側の急斜面ルートで降りてみる。
これが話に聞いてた通りの超危険ルート。斜面途中に恐怖で心が折れそうになる。
ゆっくり三点支持だけ考えてなんとか降りきった。二度と使わないでおこうっと。

打ち寄せた波で広がるサラシの中にミノーを投げつけては、
ウカウカしてるイワシをイメージして ノタノタっと泳がせる。
すると足元の岩下から黒い影がギュンと登り出でてパクっと食いついた
..かに見えたけどフックを軽くかすめたショートバイト。うーむ、おしい
きっとさっき上から見た魚影のヤツだ。これなら来るだろう

小1時間ほど粘って探り続けてると、日暮れ間際にボクっと食いついて来た!
ボシャボシャとエラ洗いされながらも、前回逃がした反省もあって強引に寄せてくる。
ドッコイショと抜き上げようとしたら、思った以上に相手は重たい。
ギャフで揚げようかとも試すも、波に上下するのを串刺にするのって難しい。
なんとかズリ揚げて、無様なりにもランディング成功。まあ釣れたから良し。



釣れたのは80cm 4.7kgのスズキ。
顔つきもそうだし、緑っぽいボディカラーはマルスズキなんだけど、
体高のあるプロポーションは ちょっぴりヒラスズキっぽい印象も。
たぶんマルの方だと思うけれど、正直今回のはどっちかよく判らない。
まあどっちでもいいや。おいしさは料理次第だし、
何より今日お初で持ってきた磯ザックに大きな魚をドーンと収められて満足。
※後々確認したら、どうやらヒラスズキとのこと。

おニュウの磯用ザックにさっそくスズキを1本。

スーパームーンの明るい夜磯でイカを狙う。


新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • カルクウまるてる (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2012/05/07
  • ..[編集]
>萌える さん
ハイブリッドまで居るんですね~
同じマルでも、育ちでだいぶ体型が変わるナとは思ってましたが。。
まあ正直なところ、種類はどっちでもイイので、
頑張って見分けるコトもないんですがw
  • 萌える (#W3zumXIw)
  • URL
  • ,2012/05/07
  • ..[編集]
ヒラとマルの混血の魚体がいる様ですよ♪

ランカーおめでとうございます(v^-゜)

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。