カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クロカワで朴葉味噌   ,2008/09/29 (月)
ホウバを水にさらす

昨日のキノコ狩りの最中に、5mぐらいの高さの若いホウノキを見つけた。
これはいいと思って葉っぱを収穫してみた。
ホウノキはそんなに珍しくはないし、森の中では一番大きな葉をしているのですぐ見分けが付く。
ただし良く伸びた高木が多いので、青い葉はずいぶん高い所にあって 容易に手が届かない。
せっかくキレイな葉が手に入ったので朴葉(ホウバ)味噌をやってみよう。

まずは調べてみた。
殺菌効果もあり良い香りもつくので、昔の人は食事を包むのに使ったと。
今でも中部地方で朴葉で味噌を焼いたり、寿司を包んだりすると。
作り方もいろいろあるようだけど、各家庭によってバラバラのようだから適当にやるか。

調べた通りホウの葉を水にさらす。
アク抜きか、しんなりさせるためか? 10分ぐらい置いておいた。
赤味噌 40g、 みりん 大1、 酒 大1、 砂糖 小1
これらを混ぜてホウの葉に乗せて、さらにアルミホイルに乗せてグリルで焼く。
これで香りが味噌に移って旨いということかな。

うん、予想どおり焼いた味噌が旨い。
焼いている最中はやや青い葉の焼ける良い香りがしたけど、
出来上がった味のどれがホウの葉の味なのか、分けて感じる事はできなかった。
味噌だけだと辛いので、なにかトッピングして焼きたい。
昨日食い忘れたクロカワのスライスが残ってたので、それを乗っけて焼いてみると、かなり旨い。
クロカワのクッとくるホロ苦さとホウバ味噌が合う合う。酒飲みが大好きそうな一品だ。


クロカワの朴葉味噌
赤味噌とクロカワのホロ苦さが旨い。
複雑な味がするのはホウの葉が効いているかも

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。