カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大鯛の兜は味も見た目もご立派   ,2012/03/25 (日)


先週釣ったデカい鯛のお頭を兜煮にしてみる。
おデコの骨が固すぎて兜割りは諦めたので、丸々1個そのままで。
普通の鍋では入らないけど、パスタ茹でに使ってる大鍋でなんとか。

どうやらゴボウが合うそうなので、2本ほど入れておく。
酒をドボドボ注いで水を張って ゆっくりグラグラと煮出す。
おおかたアクを取り除いたところで、醤油を注いで落しブタを。
ちまちま小1時間ほど煮詰めたところで、みりんで味を調えたら
火から降ろして冷まして完成。

顔は煮崩れてしまったけど、まあ どうせほぐして食うのだから。
髄や脂が染み出してきた濃い旨さと、ホオの肉の食感がとてもイイ感じ。
ああ、飯を炊いておけば良かったという感じの旨さ。
一緒に炊いたゴボウが確かにイイ味出してる。もっと入れても良かった。

ゴロンと丸ごと鯛の兜を煮た。

ゴボウがとてもイイ感じで旨!まだ山椒が足りずにセリも添えて。

関係ないけど先週もらったホウボウはトマトとパスタに。旨!



それにしても頭蓋骨がヒジョーにご立派。鳥でも食ったかと思うぐらい。
ただ、思ってた頭蓋骨の形と違って、なんだか上側部分だけって感じ。
目より下からアゴにかけては、沢山の細かい骨で出来ているようだ。
魚類はメシを食うときに口や喉が広がるから、こんな構成なんだろう。

形を見てみたくなったので、食い終わった骨を集めて洗ってみる。
何度か重曹+塩素の湯で茹でて、残った肉や脂を洗い流すとそこそこキレイに。
組みなおしてみようと、配置してみるけど 予想以上に難しい。
幾つか目立ったパーツ以外は、何処の部分なのかサッパリ解らない。
うーむ、骨格標本にしたかったナ。

配置して骨格標本にしたかったけど、どれがどれかサッパリ。

鯛の上アゴ。生え始めの歯もあるので、抜け落ちても再生するのだろう。

「鯛の鯛」を発見。カマ部分で見つけたので、もう1匹居るハズ?

頭頂部の断面は網目状。自然の造形には溜息が出る。


新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • まるてる(管理人) (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2012/04/03
  • ..[編集]
>きのこ三十郎さん
鯛は旨いですね~ 釣って食って、実感をもって理解できました。
鯛もそうですし、青物や鱸や鰹なんかの大きな魚は
内臓から何から体の作りが、しっかりしてるので
こいつは生きてたんだなって事にリアリティを感じやすいです。
  • きのこ三十郎 (#ZSomq.IY)
  • URL
  • ,2012/04/03
  • ..[編集]
大鯛ゲッチュおめでとうございます!
いろんな意味で味を占めましたね!
僕も鯛の鯛、コレクションしてます♪
デケェ鯛を食うと、命を頂いてるんだ感を強く感じませんか?
  • まるてる(管理人) (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2012/03/27
  • ..[編集]
>Ikeさん
かわいらしいカタチの骨ですよね。
おかげさまで、じっくり骨観察できて楽しかったですw
それそれ!これからの釣りが大漁とのこと!オレ流(笑)

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。