カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒラスズキの肝と胃袋が旨い   ,2012/03/12 (月)


クーラーBOXは伊豆で獲ってきた魚と山菜がギッシリ。
久しぶりの大漁なので、デカバットにどーんと盛って楽しむ。
魚は南伊豆のヒラスズキ、芦ノ湖の虹鱒(もらい物)。
それに南の野生シイタケ、フキノトウと菜の花を添えて。
モノ凄く幸せな気持ち。

さて、食おう。
今回のスズキの最大の狙いは”臓モツ”を食ってみること。
いつもなら内臓はザックリ強引にぶっちぎっているけど
今夜はじっくり丁寧に腹の皮を裂いて、キレイに内臓を取り出す。
キレイな外洋向きの海で獲ってきたし、鮮度も良好なので臭くもない。

まず出てきたのは卵。これはありがたい。
その他の臓器をまるごと慎重に切り離して観察してみる。
2つあるのは腎臓?赤黒いのはなんだろう?解らない臓器はやめておこう。
今回はハッキリ解った 卵・心臓・肝臓・胃を食ってみようかと。

クーラーBOXに食材満載ウレシイな

スズキのご立派なウロコをバリバリ剥がすのは面倒だけど楽しい

スズキの内臓。心や肝は見て判る。





まずは卵。
魚卵がマズイって話は聞いた事がないし、見た感じ他の魚と同じだ。
焼いて塩で食ってみれば、なるほど予想通り魚卵のテイストだ。
普通に魚卵として楽しめるな。漬けておいて後で食おう。

次は心臓。
その昔、知床のキャンプ場で一緒になった釣人が、アキアジの心臓を焼きながら
「これは釣人の特権」と言った笑顔が とても印象に残ってる。
その特権を今こそ焼いて食ってみた。何やら特徴的な肉の味がジワっと来たけど
どうにも小さくて表現する前に消えた。珍味の類だな。

次は肝臓。
小さいけれども れっきとしたレバーだコレは。鳥のものに近いかな。
ならば味も似た様なモンだろうと、ソテーして塩で食ってみたらやっぱりその通り。
試しに粒マスタードを絡めたソテーにしてみたら クリーミィで旨い!
大きくはないけど一品料理にはできそう。

さて締めは胃袋。
切って中の消化物を洗い流してみたら、いかにも消化器官っぽいシワシワ。ふむ。
伊豆の地元っ子に教えてもらった通り、湯引きにしてポン酢で食ってみる。
ウン!このジョリンコした歯応えが最高。牛モツなんかと似た歯応えだな。
試しにオイルでソテーして塩で食ってみたら、これがなかなか旨みもある!
胃袋はなるべくキープしたい部位に格上げだな。

スズキの心臓。ボディの割には小さいけれど、ソテーにすると更に。

スズキの肝と胃のソテー。これは旨い。

胃袋の湯引きポン酢和え。夏に冷製にすると更に良さそう。

椎茸と菜の花、スズキの肝と卵の炒めてみた。旨い。


新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • まるてる(管理人) (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2012/03/14
  • ..[編集]
>まったか。さん
初めて食ってみましたが、なかなかイケますし、
イヤな癖はありませんでした。
食うからには鮮度はちょっと気にしたいところです。
  • まったか。 (#-)
  • URL
  • ,2012/03/13
  • ..[編集]
大量収穫おめでとうございます。ヒラスズキの内臓、旨そうですね。やはり鮮度がいいと違いますね

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。