カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シイタケ肉まん、メッチャ旨   ,2012/03/06 (火)


今夜は河津シイタケを使って 肉まんに挑戦してみる。

ペーストにしたシイタケは水分が出ていてヌタっとしてるせいか、
豚挽肉、角切り筍、ネギを混ぜると、丁度いい具合の粘度に。
つなぎは無しで、あとは塩と醤油で適当に味を調えて餡はできた。

皮の作り方はよく知らないのでクックパッドで見つけたレシピを参考に。
小麦粉にイーストやら色々混ぜて練ったらストーブ前で暖める。
1時間ほど寝かしてみたけど思ったより膨らまない。まあいいや
具詰め作業のために丸めようとするけど、ネバネバでどうしようもない
打ち粉を多めにして手に着かないぐらいになったら、丸めて平たくして。
餡を乗っけたら、皮の縁をビヨーンと引っ張って包んで、準備完了

肉まんの皮なんて初めて。まあ適当にこねる

具は伊豆シイタケと豚・筍・ネギをまぜて塩しょうゆ

包み終わったとこ。それらしくなってきた



よい機会なので蒸篭を買った。蒸すカゴと書いて"せいろ"って読むのか。
中華鍋に載っけて湯気が上がると とってもいい雰囲気。
真新しい杉と竹の香りがすがすがしい。

さて中に肉まんをセットしようと、バットに並べておいたのを掴み上げると
ニチャーと底にへばりついて破れてしまった。
なんとか包みなおして蒸し終えると、テッカテカに良い感じで蒸せた。
ワーイ!嬉しくてさっそく掴み上げたら、今度もニチャーと破れた。
そうか、市販の肉まんの底に敷いてある紙はこのためか。うーん納得。

ニチャニチャには難儀したけど、デキは上々。
皮はふっくら&もっちり、これだけでホクホク暖かくてうまい。
かぶりつくと、中の餡からシイタケと肉のジュースがジュワ~っと。
そのお汁が皮にしみこんでいて、ここがまた旨い!
コリっと歯応えのよい筍とアクセントのネギもバランス良し。
こりゃあ思ってた以上にメチャメチャ旨いヨ!
さすが王道だな肉まんは。濃いシイタケの旨みが最高に活きてる。

試しに春巻き皮でもやってみた。餡の味は同じハズなのに
昨日の団子揚げと同じで、なんだか物足りない感じがする。
食感のバランスってやっぱり大事だな。

蒸し器を買った。木製は絵になるな。

蒸し上がりは良かったけど、底にへばりついてた。

シイタケ肉まん、とっても上出来、メチャ旨い


肉まん皮のレシピ(4個分)
・薄力粉 150g (※後から打ち粉で結構足した
・砂糖 20g
・塩ひとつまみ
・ドライイースト 小さじ1/2
・ベーキングパウダー 小さじ1
・牛乳 25ml
・ぬるま湯 50ml
・サラダ油 大さじ1/2


新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • まるてる(管理人) (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2012/03/10
  • ..[編集]
>おっさん
リバーライトのやつだけど、”極”という名前だったかな?
ネットで調べてみたらそれっぽいけど。
とにかくフライパンはノンコートの鉄がいいなと思って。
  • おっさん (#-)
  • URL
  • ,2012/03/08
  • ..[編集]
ひょっとしてフライパンは極?
うちといっしょ

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。