カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目前でスズキをばらす   ,2011/12/10 (土)


今夜もまたスズキを狙いに。すっかり寒くて車に霜が降りてる。
ブクブクに着膨れてして、大潮のソコリで広がる三浦の磯へ。
満月の青い光に照らされて、ゆるーりとルアーを引いてくる。
キンと冷たい暗闇の中で スローで静かな時間が気持ちいい。

突然ホグっといった感じの、柔らかいアタリが来た。
グイと試しに引くとモゾモゾと弱い抵抗。サイズの見当がつかない
巻いて寄せて手前10mのところで やっとバシャと暴れだした
ヘッドライトに照らされたギラリ銀ギラに光るボディはスズキだ。
しかも思った以上に大きくて70cm級か。おーし来たな

手前ラスト5mでプイっと踵を返して泳ぎ去ろうとしたので
強引に顔をコッチに向せようとしたらビチっとラインが切れた。
あああ しまった、ドラグ出して丁寧に寄せればよかったのに。
ここ半年は青物狙いの強めのラインで強引な釣りばかりしてたから、
ソフトなラインで優しくさばくような釣りはすっかり忘れていた。
いくら投げても その後に来ることはなかった。

なんとしても獲ってやろうと、フル回転でアチコチ磯を転々と探る
陽が登り始め、眠気でまっすぐ立ってられなくなってきた頃
最後のチャンスで朝マズメに向かった南端の磯は、
予想していなかったウネリが入っていて、なんだかいい感じ。
しぶとく何度も投げていたルアーに、突然手前でガガッと食ってきた
来た!と思った瞬間 またしてもビチっとラインは切れてしまった。

結局、金夜から土朝にかけての三浦南端をぐるり
2本掛けたけれど、どちらもラインが切れて逃がした。
銀ギラの横っ腹を目前で逃して、チクショーな気持ちで一杯。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。