カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イナダとハヤトウリを糠漬けにしてみる   ,2011/11/25 (金)


以前、北海道をブラブラ旅行してた時、稚内で糠ボッケというものを食った。
あまりに旨かったので、箱で注文して自宅に送った。
糠で漬けた魚は旨いんだなーっというのが印象。
今回の収穫イナダの最後の1本で、初めての糠漬けにチャレンジ。

一からヌカ床を作るのも楽しそうだけれど、数週間かかるので、
今回はズバリそのまますぐに使えるヌカ床を買ってきた。
初心者が実験するにはこれが一番てっとり早い。
イナダ半身を3枚、それとハヤトウリも1個、よくわからないけど
タッパに糠床と一緒に埋め込んでおいたのが昨夜。

で、ちょうど丸1日経った今夜 いざ食ってみることに
イナダの身は少し飴色になってほんのり糠の味がしみてる
ハヤトウリは良い具合に漬かってて すっかり漬け物に変身してる
どちらもめっちゃ旨い!炊き立てのご飯によく合うナ。

イナダの身はまだ2枚ある。長く漬けたら味わいも変わるだろう。
もう少し漬けてから食ってみよう。

糠漬け初体験。イキナリだけどイナダを漬けてみる。あとハヤトウリも。丸1日漬けた「浅漬け」状態で1枚目を掘り出す。糠漬けのハヤトウリとイナダがすげえ旨い。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。