カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カルクウ・ヌーヴォ解禁   ,2011/11/17 (木)


先月収穫して熟成させておいた山葡萄の汁をそろそろ試し飲みしてみよう。
これって要するに「カルクウ・ヌーヴォ」ってやつだな。
奇しくも、ちょうど今日 11月の第3木曜日がボジョレーヌーヴォの解禁日だという。
長い眠りにつく前に、今年の”デキ”を確認するための試飲がヌーヴォだそうで、
熟成を確かめるには良い頃合ってコトなんだろう。

冷蔵庫で寝かせておいた、試作品3種を並べて飲み比べる。
加えた砂糖の量が違うので、甘い酸っぱい熟成度合いは色々だけれど
どれも葡萄の良さがギュっとダイレクトに濃縮されたような濃い味わい。
荒っぽいけど とてもワイルドでフルーティ。こんなのもいいな。

半分はそのまま冷蔵庫に、もう半分は瓶に詰めて常温保管へ。
これで半年か1年ぐらいは寝かせてみようか。成功すれば万々歳だけれど
保存料も無いし、煮沸消毒するワケでもなし。常温保存ではダメになるかも。
まあ、なんでも試してみないことには。

砂糖の量を変えて熟成させた3種を飲み比べ何度か澱を取ったせいか、かなり透明度が出てきた。一番うまかったヤツを瓶詰めに。オリジナルラベルでも用意するか。

ふと思い出した。
日本でも、採れたばかりの米で作った新酒が そろそろできあがる頃だ。
以前、通りかかったついでに寄ってみた 笹一酒造の新酒祭りで
出来上がったばかりの「原酒」を飲んだ事がある。
蔵のタンクから直接コップに注がれたそれは、発酵したてて炭酸発泡していて
ドライで荒々しくって日本酒とは思えないけれど、これがもの凄く旨かった。
残念ながらその状態は保存できないので、その場でしか飲めない味だとか。
また飲みたいなあ。近くに酒蔵があるならば是非。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • まるてる(管理人) (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2011/11/21
  • ..[編集]
>akikoさん
去年は失敗して、やっと今年は成功しました。
とはいえ追加する砂糖の量が分からなかったので
多い少ない割り振って試作中です。
砂糖多く入れたのは甘さが強くて子供用って感じですが(^_^;)
少ない方はドンピシャな味わいです。
何か肴の方を探してみます。
カルクウ・ヌーヴォ解禁ですね!画像を見る限り素敵なきれいな色が、とっても美味しそうに見えます。チーズと共に…なんて考えただけで最高です。

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。