カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もらったヒラマサは旨かった   ,2011/10/31 (月)


先週末は狩りもせず、収穫もないけれど
釣り友からもらったヒラマサがあるので、堪能しようかと。

半身のさらに尾っぽ側の半分って事らしいけど、
それだけでもイナダの半身ぐらいの大きさ。デカイ。
1mクラスって事らしいので、丸々1本ってデカかったんだろう。

もらってさっそく切り身にしてみると、赤身がとても鮮やかな印象。
記憶にあるブリより赤い部分はより赤いし、白身の部分はより白い感じ。
見慣れると、切り身見ただけでも区別できるようになるのかな?

全体的に味がしっかり乗ってて醤油の旨みが引き立て役になる。旨し。
特に皮を引いた際に、ちょっと皮にこびり付いた肉をそいで食ってみたら
これがメチャクチャに旨かった。

2食目の今夜は、釣ってからかなり時間が経っていたので
軽く昆布だしと醤油で漬けにして、卵掛けご飯の上に乗せて シソを添えて食う。
これもまたとってもよかった。
できれば今度はヒラマサとブリを同時に食べ較べてみたいなあ。

尾っぽの方半分のようだけどこのデカさ。全長1m級だったようで赤みの部分がとっても鮮やかな赤。ブリより赤い感じ。随分時間が経った身は軽く漬けにして卵掛けご飯で食う。旨い

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。