カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワカシをシソと玉醤油ソースで   ,2011/10/24 (月)


先週末も海の魚森のキノコを採ってきたけど 量は控えめ。
それぞれに、イイ釣果や イイきのこが採れてる話は後から耳に入ってくる。
時期は悪くないので、読みが正しく腕が良ければ獲れてたかもしれない。
大盛りのフィッシュ&フンギはやっぱり難しいな。

今回採れたキノコとフルーツのほとんどは友人にあげたので
持ち帰ってきたのはワカシ1本、カヤタケ、山椒の実。
唯一の持ち帰りキノコのカヤタケは、やっぱり食うのはやめておく。
猛毒のドクササコに似てるってトコがどうも気になって。
プロに見てもらったけれど、まあ無理して食うこともないので。

ワカシをさばいたついでに半身を食ってしまおう。
塩振って食うとなかなかの味がイイけど 脂っケがもう少し欲しいかな。
なのでちょっと試しに、オリーブ油+醤油+卵黄を混ぜたソースで食ってみた。
なんて言うのか、玉醤油ソースとでも? ちょうど庭に咲いていたシソの花も添えて。
パッと思いつきの割りには結構旨い。乗せる相手がご飯かパンか悩ましいトコ

先週末も小規模ながらフィッシュ&フンギ&フルーツ。面白いので拾ってきた実。サンショウバラというバラの実だそうで。小粒なワカシといえども丁寧に食えば、こんなに楽しい。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。