カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紅葉の森でキノコは少なし   ,2011/10/23 (日)


横浜よりもずっと秋の訪れの早い富士五湖では
山の上の方から紅葉が始まってきて、キノコ狩りもすっかり終盤。
この時期にたんまり収穫できる自信はないけど、友人を連れて山へ。

多少は何か生えてるだろうと入った森には、ほとんど何も無し。
ちょっぴりカヤタケとホテイシメジが出てたのが少しの救い。
酒と相性の悪いホテイシメジは食った事がないけど
友人は飲まないというので、しっかり収穫。これはこれで良し。

フルーツの類も実りがピークに達したような感じで、
あちこちで赤や黄や黒い 名も知らない実が生ってる。
ヤマブドウやアマヅル、もうすっかり赤くなった山椒の実が獲れたけど
風で落ちたサルナシはすっかりブヨブヨで時期は終わったようで。

いくつかの森をラン&ガンして、最後に入った富士山の森で
なんとかチャナメツムと居残り組のキノコを見つけたけれど、全体的には寂しい限り。
夕方に山物市場に寄って、今年はもう終わりかネ~なんて話しをして。
確かにもう今シーズンの富士キノコ狩りはこれでオシマイかな。
今年も良いフンギをありがとう。

何も無い森にドーンと立派に咲くのはカヤタケ1個が大きいのでカヤタケの列は派手でイイヤマブドウよりも小さい、アマヅルだと教えてもらった。クリタケも老菌の群生を1つ見つけただけ。
山椒の実を摘む。平地だともっと早い時期だと思うけど。椎茸も1本っきり。まあでも1本でも美味しいキノコ。今週もヤマブドウをカゴ1杯分労働した。本日の収穫キノコ。これとあとホテイシメジも。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。