カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダルマのパイ包み焼き森の葉隠れ風   ,2011/10/13 (木)


ちょっと風邪気味で料理してなかったので、今夜は週末採ったキノコを。
冷蔵庫で保存しておいたムレオオフウセンタケは状態よし。このキノコは日持ちする。
キノコをメインにした料理を毎回色々考えてはいるけれど
今回イイ事思い着いたので、パイ包みでやってみることに。

お化粧用に傘の部分だけをソテーして、最後に裏に下ろしニンニクを摺り込む。
具の方はパテを作る。みじん切り玉ねぎを飴色まで炒めて、
キノコはちょっと大きめのぶつ切りをサッと火が通る程度に炒めて、
どっちも冷めたら、豚挽肉・卵と混ぜて練って塩コショウして、小麦粉でつなぐ。
これをお好み焼きの要領で平たく焼いて、両面火が通って形ができたらパテ完成。

次は包み。アルミホイルにバターを塗ったらパイシートを敷いて、その上にパテを。
粘土細工みたいに四方から包んで接着して、袋状にする。
一番上には傘をのっけて、パイの隙間から頭をだす程度に包み込む。
パイの切れ端をハサミで形を整えたら、これもお化粧に使う。

最後は焼き。オーブンがないのでガステーブルの魚焼きグリルで焼く。
中までしっかり火が通るようにアルミホイルを被せて火加減調節してじっくり。
上面が色付いたら、今度は網焼きで下から焼く。両面焼けたらできあがり。

今回の材料はこんなもん。ムレオオフウセンが手に入ったら是非。美しい傘はソテーしてお化粧用に。裏にはスパイシーな隠し味。炒めたキノコと他を混ぜ混ぜする。もらったフェンネルも入れておいた。パテはお好み焼きみたいに鉄板上で形を整えて焼く。思ったより簡単。
粘土細工みたいにパイで包む。ぎゅっと握り潰したらひっつくので簡単。焼けたパイの中はこんなの。ウマ~い汁たっぷりパテがパイに合ってる。2枚目は慣れてきて、なんかホンモノっぽくなってきた。

名づけて「ムレオオフウセンタケのパイ包み焼き 森の葉隠れ風」。長いナ
パイ生地を枯葉に見立てて、森でダルマに会う魅力を再現してみた。
さっそく食ってみる。中のパテの肉とキノコのジューシーなスープが
パイ生地にじっとりしみ込んでいて まるで肉マンみたいな感じ。
オワー!これンめっちゃウメェ! 椎茸にも少し似たキノコの旨みがジワーっと。
見た目も味も、これほどキノコが主役になれる料理になるとは。
こりゃ必殺技の1つになれるかもしれない。スバラシイ!





レシピ:ダルマのパイ包み焼き (2人前)
・ムレオオフウセンタケ ゴルフボール大を4つほど
・豚挽肉 100g程度
・玉ねぎ 半分~1/4ほど
・パイシート 20cm角x2枚
・卵 1個
・ニンニク1かけ
・塩、胡椒、小麦粉、オリーブオイル 適宜

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。