カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボウズだけど気持ちよく昼寝した   ,2011/10/08 (土)


先週ぐらいから湘南あたりでイナダやワラサが釣れ始めたようで
国府津あたりが良いような気もするけど、きっと混雑。
いつものように、人の少ない磯を求めて伊豆の南へ。

2番目に狙ってた磯の先端を確保できたので、ゆっくりと明けを待つ。
結構強めの北東風で波が立ち始めている。なんだか釣れそう。
持って帰るの大変なので、ワラサは3本までにしよう。
そんな皮算用とは関係なく、朝マズメは丸っきりアタリも気配もなし。
疲れて座ると気がついたらウツラウツラしてる。

昼、沖に見える船団がワラサ狙いだと教えてもらったので、
集結ポイントに近い磯を探して入ってみる。可能性があるかも、と。
偶然そこは以前から気になっていた崖の下の大場所。
初めて降りてみて地形が判ったので、次は暗い内に来れるな。

後続者が気になったのでマっ昼間から磯に来てしまったので
ちょいちょい探ってみるけど、特にアタリも鳥も居らず。
寝不足なのと 風が肌寒いので、岩の平たい場所で少し横になると、
岩に染み込んだ陽のぬくもりが気持ちよくってグーグー寝てしまった。
夕マズメにペンシルとジグを投げ続けるけど、全くアタリ無し。

釣りに来たというより、昼寝しに来たみたいな一日。
最高に気持ちよい昼寝ができたけれど、出会いも収穫も全く無し。
さみしいので明日は山へ行ってキノコに会いに行こう。

沖に船団が居る磯へ。
付近に居るんじゃないかと。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。