カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒラスズキの刺身定食、潮汁つき   ,2011/09/21 (水)


台風15号が吹き荒れる中、パンツまでびしょぬれで帰る途中に
ラーメン屋に寄って行きたい誘惑を振り切って、今夜も週末のヒラスズキを。
ようやく味が乗ってきて、刺身で食えそうなコンディションに。

とは言っても脂ノッテリという事はなくって、淡白で優しい旨み。
この繊細な味は、醤油には負けそうなので塩で食う事に。
バーナーで皮に焼き目をつけて刺身にしたら、
砕いたピンクペッパーをちらして、カボスを添えて。
初日に作って寝かせておいた潮汁にネギをちらし、ご飯は山掛けにして。
飯と汁が付いたヒラスズキの刺身定食。やっと刺身でいただける。

煮てすぐはスズキ臭かった潮汁は、寝かせたら臭みも取れて旨みだけが残った。
ほっくりとした淡白な身と、少し醤油が効いた汁がとっても旨い。
刺身は塩が正解。焼いた皮の香ばしさと身の旨みがじんわり優しく旨い。
少し甘くてピリッとしたピンクペッパーがいい具合なアクセントに。
ま、脂がのってなければ それなりの食い方があるって事だナ。

台風15号で関東も大荒れ。まだ青い銀杏が落ちていた。今夜もヒラスズキに焼き目を。ゴーと楽しい。山掛けご飯と潮汁で、ヒラスズキの刺身定食。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。