カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒラスズキを胡麻茶漬けで   ,2011/09/20 (火)


先週末に釣ったヒラスズキは脂の乗りが薄いので、冷蔵して熟成を待つ。
今夜の分のひと切れを試し食いしてみれば、昨日よりは少し旨みが出てきてる。
まだまだ刺身には物足りないので、今夜は胡麻茶漬けにしよう。

湾奥育ちのマルスズキと違って、磯育ちのヒラスズキは臭さみも無く皮が旨い。
この皮を生かそうと、バーナーで炙って氷で冷やしてみたら とってもイイ感じ。
サッとやれば身は生のままで皮だけ焼けて、香ばしさが追加される。こりゃイイね。

炒りゴマをたっぷりすり鉢ですったら、酒・醤油・塩・砂糖で適当に味付け。
出来上がったペーストを刺身と混ぜて、ほんの30分ほど寝かせる。
ご飯が炊けたらペーストごと刺身を載せて、熱~いほうじ茶をドバっとかけて。
あとはネギや海苔をトッピングしたら完成、ヒラスズキの胡麻茶漬け。

ほうじ茶の渋さに溶け出してくる胡麻のコクと旨みが合わさって絶妙なスープに。
刺身に絡みついた胡麻ダレが完全に溶け出す前に、ご飯と一緒にジョバっとかきこむと
スズキの身の旨さとコリコリして香ばしい皮がとってもとっても旨っ!!大好き。
ああ、久しぶりにこの茶漬けが食えた。やっぱスズキを釣ったらコレがいいな。

買っちゃったクッキングバーナー。ゴーと一瞬で焼き目が付いて楽しい!皮を焼いた刺身って香ばしさがあってイイなあ。見た目も良いし。コクがイマイチなので胡麻ダレに漬け込んでヒラスズキの胡麻茶漬け。うーん旨い!

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。