カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オオモミタケ初収穫   ,2011/09/11 (日)


さて今週もキノコ狩りで富士山へ。
自宅でも伊豆でも、木々や風に少しずつ秋を感じはじめているけれど
標高の高い富士山の上は、半袖じゃ寒いかなと思うほどになってきた。
先週は来なかったので、急にぐっと秋になったような。

森に入ってすぐにハナイグチを発見したので調子がイイかと思えば
それっきりで、意外に生えてるキノコが少ない。
ポツリポツリと生えているキノコを撮影しながら どんどん標高を上げていく。

結構登ったところでいつの間にか、キノコが沢山生えてるエリアに入った。
キノコの出の渋いときでも、「その場所だけ」ボボッと出てる事はよくある。
その中にサカサカっとした頭のフウセンタケが。おお!?オオツガか
よく探せば、バラバラっと周りに沢山生えてる!手着かずのシロ発見!
でもこんなにお尻が太かったっけ?なんだか半信半疑だけど勢いは付いた。

派手な出物はないけれども、そこからコンスタントにキノコに出会う。
夏寄りのタマゴタケ・ショウゲンジもあるし、秋寄りのシロヌメリイグチも。
キホウキもハナホウキも出てるからきっとあるだろうと探してみたら
やっぱり出てた、ホウキタケ。数はないけどそれなりに時期順当な感じ。

まずはハナイグチでスタート。これを見るとシーズン中盤。ベニハナイグチの仲間。フカフカで気持ちよさそう。ホコリタケの仲間が立ち木から生えてる。もう枯れてしまうのかな?この辺のタマゴタケはご立派。ナイスコンディション。

最近だと午後の3時を回ると、陽がかげって森で撮影するには暗くなる。
まだ登りたいところだけどUターン、沢尾根を越えてまっすぐ下山していると
足を乗っけたツガ(?)の木の根元に、カサカサっと乾いたキノコの頭を見つける。
一瞬ハツタケ類かと思ったけど、どうも見たことないテクスチャ。
なんだろうと横に回って覗いてみてビックリ、おお!オオモミタケじゃないか
お店で買った事はあったけど、森で見たのは初めて。ワーイ、初ゲット。
凄くアジのある風貌、傘が開いていれば見間違いようがないなナ この姿。

数こそ無かったけど、初モノも含めて結構種類は採れてホクホク。
さっそく山物市場に持って行ってみたら、オオツガは間違いだと指摘を受けた。
やっぱりそうかと思うけどガッカリ。毎年コイツで間違ってるナ。
まあでもオオモミは採れたし、気分は120点からマイナス入れても100点満点。

オオツガと間違ったキノコ。冷静に見ると違うけど、現場でよく間違う。コーラルピンクなホウキタケ。まったく美しいこんな感じで見つけたのが、まさかのオオモミタケ。オオモミを掘り出したところ。これは見間違う事はない。
本日の収穫。主役級のキノコが揃って とっても絵になる。森のヤマブドウはそろそろ青い実をつけ始めた

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • まるてる(管理人) (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2011/09/13
  • ..[編集]
>motsuさん
やっと会えました、オオモミ。
よく図鑑で見ていたので、初めてな気がしませんでした。
埋まってるのは難しそうなので、当分は頭が出ているラッキーヒットを重ねたいです。
少なくともシロは1つ得たので、来週も見回りに寄ってみようかと。

チャナメは富士でも見ましたが、シモフリとは。終盤選手が出てきましたか。
咲き急がずに秋いっぱいまで楽しませて欲しいものですネ。
  • motsu (#uf0ZjNlk)
  • URL
  • ,2011/09/13
  • ..[編集]
オオモミゲットおめでとうございます。
あの存在感とずっしり感は収穫の喜びがありますよね。
どんな料理になるか楽しみです。

先週、八ヶ岳に行ってきましたが、中休み状態でした。
森は適度に湿ってるんですが、気温が高すぎですね。数が少ないです。
タマゴ、ハナイグチ、ショウゲンジ、ヌメリスギタケモドキ、クロカワ、キシメジ
ここら辺は定番
オオツガタケ、シモフリシメジ、チャナメツムタケ
ちょっと早すぎ?
オオモミは1本だけでした。
今週に期待です。

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。