カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青いカラスウリは苦い   ,2011/09/06 (火)


かわいいスイカみたいな 青いカラスウリがなってる。
1つ試しに食ってみようと、摘んで持って帰ってきた。
調べてみると熟れれば甘さがあるけど、基本は苦い。毒ではないようで。

割ってみたら中身は予想どおりの瓜っぽさ。ニガウリにとても近い。
香りは瓜の青臭さとフルーティさが混じった、夏っぽい香りで悪くない。
ペロッと舐めてみたら、エゲってかんじに苦い。やっぱりそうか。

中身の部分をほじくり出して舐めてみると もう強烈に苦い。こっちが苦さの本番か。
空洞になった実の部分をかじってみたら、そこそこニガウリと近い感じだけど、薄すぎ。
あれこれ利用を考えてみるけど、ニガウリでいいんじゃないか、と思ってしまう。
わかった事は、青いカラスウリをわざわざ採って食うのはなかなか酔狂って事

カラスウリを割ると、こんなの。ニガウリみたく種を除くと、実が薄すぎる。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。