カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏のギラギラ生き物観察    ,2011/08/13 (土)


先日磯で会った釣人に情報もらって 今週も伊豆へ。お供させてもらう。
海模様はイマイチっぽいけど、前日にブリやカンパチが出てたと言うし。

未明もだいぶ早い内から現地についたので、近くの沢をのぞきに行く。
ホンの50cm幅の小さな流れをヘッドライトで照らすと、ぎっしり小エビが居る
大きいテナガエビやシノボリも居るし、ウナギみたいなのも通っていった。
僻地にある、こういった森から直接海に注ぐ小川って凄く豊かだなあ。

磯に出てみると、あまり期待してなかったけど ちょっとサラシが。
彼はド先端に向かったので、こちらはその脇のスリットを狙う
ヒラスズキが良さそうな雰囲気だけど、特にアタリなし。
後で聞いたら向こうではブリらしきゴッツンとしたアタリがあったという。

朝も過ぎてゆくと波はドンドン弱まって、勝負ッ気のない凪へと。
まったりしてきた最後に根魚でも探るかと、メタルジグにして探ってると
ググンと何かが食ってきた。針に掛からなかったけど何か来た!
遠投した沖の方からジグに誘われて来たのはシイラだ。
結局何回かバラして釣れなかったけど、陸からのシイラ遭遇に満足。
完全にまったりした回遊待ちになりそうなので、昼前に磯を後にする。

磯から戻って、未明に見た小川をまた覗いててみると
今度はモクズガニと目があった。とっさに捕らえてみれば
さすがに清流のヤツは手がキレイ。こんな小川でも居るんだ。
川遊びを満喫して皆で話をしてたら、次はブーンと飛んでる虫が見えた
飛び方を見ればすぐ判る、アレは玉虫!すかさず追いかけて捕獲成功。
わーい、久しぶりのタマムシゲット。やっぱ最高に美しいなあ。

小川の岩に静かに張り付くヨシノボリ。実はカラフル。手がはえ代わり中で判りにくいけど、ヒラテナガエビ?タマムシ。羽の外も中も美しい。

釣人はさらに釣りを続けるというので、ここで別れて 午後は森へ向かう。
川沿いを走って、目に付いた沢の方へ、ずっと山の奥まで車でのぼる。
渓流用ルアーロッド1本とカメラだけ持って、サンダル履きで小さな川へ。
青々く茂った川端の草を掻き分け、冷たい流れに浸けた足がヒヤっと気持ちイイ
半畳もない小さな淵の奥へミノーを投げて、プリプリとアピールすると
ワラワラと小さいアマゴがよく顔を出してくる。

ひととおり沢で遊んで岸に上がると、フカフカの腐葉土にキラリと赤い玉発見。
糞転がしと呼ばれるオオセンチコガネだ。とっても素敵なメタリックピンキー。
個体によって発色も色合いもかなり異なる種だけど、久しぶりの上玉が見れた。

今日は釣りに来たつもりだったけど、結局生き物観察散歩って感じになった。
飛び跳ねて横っ腹をギラリと光らせるダツ、シイラ。
ヨシノボリやアマゴのヒレやボディの綺麗な色模様。
ピッカピカに夏の陽を反射するタマムシとフンコロガシ。
ナンだか生き物の夏のギラギラした輝きが見れて楽しかった。

小さな落ち込みにルアーを投げると、横からちびアマゴが出てくる。痩せてるけど、色つきはイイ。朱点もある。狭い川でミニマムなルアー釣りも楽しい。ピンキーなフン転がし。裏は黄色混じりでカッコイイ

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。