カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウネリ残る南伊豆でアタリなし    ,2011/08/06 (土)


ブリを釣りたい、そして食べたい。
昨日まで風の影響か、伊豆の南端は多少荒れが残ってる様子。
ベタ凪よりはイイだろうと、とりあえず行ってみる

前から気になってたポイントに入ろうと、磯への森をつっきる。
ヘッドライトの灯りで踏み跡を辿るも、合ってるかどうだか。
波の音を頼りに進むと、気がつけば磯に着いていた。
先行者が2組いるけど、まあそれなりに場所があるので投げる。

6時頃にはお隣さんが見切りをつけた様子で、素早く去っていった。
確かに鳥も居ないし、生き物感が薄い感じが。場所を変えよう。
先端で様子見休憩していた釣人に、立ち去り間際に話をしてみると
この前は朝も過ぎてからナブラ立ったよと言う。粘るのもイイなあ。
午前中の潮止まりまで粘ってみたけど、特にナブラも出ず。

熱い日中は木陰で昼寝して、陽がかげってきたところで また別の磯へ。
ダダッ広く低い磯に来たのは失敗、たまの大波が乗り上げて危ない。
思った以上のウネリのせいで、静かな波裏しか立ち処がないl。
投げてみるけど、頻繁に息継ぎに通るウミガメ以外は特に生命反応なし。

結局、ふつうにボウズ。
とは言え、手錬の話も聞けてヒントも得たし 土地勘も足せたし
こうやって通ってればいつか。

ブリットペンシルを使ってみた。いいか悪いか分からない。黒い大きなアゲハが飛び交う。カメラを向けるとフイっと逃げる。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。