カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シイラの刺身は今一歩   ,2011/08/01 (月)


先週末、土曜日にシイラを釣って日曜にキノコを採った。
さっそく新調した大きなバットにど~ンと盛ってみたら、
今回はシイラがデカ過ぎてはみ出しすぎた。
とりあえず久しぶりにフィッシュ&フンギ達成。

メスは友人宅に置いてきたので、オス1本なんとか食おう。
しめてから時間がたってるので、なる早で解体だけでもしておく。
1mのシイラはもはやクーラーBOXからも、シンクからもはみ出すし
首の骨は硬くて包丁が欠けそうなので、切れ目をいれてメキッと折った。
デカいと大変だ。

刺身は普通に旨そうだったけど、食ってみたら味はイマイチ。脂の乗りが薄い。
10kg超えるとシイラも脂が乗って旨いと聞くけど、こいつは6kgぐらい。まだまだ。
そのまま切り身をニンニク醤油に軽く漬けて、卵かけご飯の上にトッピング
薬味を散らして簡単な卵かけ漬け丼で食った。
なんとなく味がバラバラで今一歩。決して美味しくない事はないのだけど。

先週末の収穫。シイラがオスメス、アカヤマドリ、小さいハナビラタケ、まだ青い胡桃。1mのシイラを四苦八苦してさばいた後、身だけ見ると普通。刺身で味がイマイチだったので、にんにくと漬けにして卵かけご飯に。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。