カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
富士山でアカヤマドリ   ,2011/07/31 (日)


朝、昨日の夜からの雨がシトシトと。
先週はキノコがなかったけど、台風の雨が振って今週は出る
そう思った人も多かったようで、林道にはキノコ狙いが何台も。
1合目から転々と森を見て回ると、先週はなかったコガネヤマドリが。
狙いを1箇所に絞って捜索することに。

雨は止みそうにないので、雨装備で森へ入る。
木々が覆いかぶさる森の中では それほど雨も気にならない。
白く霧に包まれた森には、遠くでシカやカッコウが鳴く。
数はないものの、飽きない程度にアチコチにキノコが生えていて
その都度近寄ってみて、キレイならじっくり写真を撮って。

かくれんぼしているポルチーニことヤマドリタケモドキ、
ツガの倒木に並ぶウスヒラタケ。スラリと派手なドレスのなタマゴタケ。
数はないけどやっとそれらしくなってきたようで。

もしやと思って、先週は全く出てなかった斜面まで行ってみたら
倒木の間にボーンとパンケーキみたいなのが落ちてる。
おお、アカヤマドリ! これで今日は夏のヤマドリ3品目。

今日も雨が降ったことだし、また来週もドッと出る予感。

コガネヤマドリが出てる。立派だけど採る人は少ない。雨と霧で白く囲まれたような森。とても涼しくて安らぐ。チチタケ発見。突くと乳が出た。ちゃんと食うほど採った事はないやっと会えたタマゴタケ。今年はこれで初。
木の根の下でポルチーニがかくれんぼ。倒れたばかりのツガに並ぶウスヒラタケ。アカヤマドリ発見。乾いてる日にみると、ほんとパンケーキみたい。拳サイズ以下の小さなハナビラタケ。もっとデカイの見たい。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。