カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シイラ三昧のカツオ船   ,2011/07/30 (土)


今日はカツオ船。いつものように未明から出港して駿河湾の沖へ。
いつまで走っても カツオ狙いの船が込み合ったポイントへは着かない。
おもむろに潮目で船が止まって、さあ始めようという。
まずはシイラ狙いか。流木の脇へそれぞれ皆、ルアーをキャストする。

ピンと張った青く光る胸ビレ、鮮やかに黄色い尾ビレ。泳いでるシイラは美しい
どこからともなくルアーにドギューンと襲い掛かってきてガツンと食いつく
バタバタと暴れるのを見て、周囲のシイラも興奮してワラワラ付いてくる。
こんな光景が 波静かな足元水面直下で丸見えってとこがスゴく楽しい。

5本ぐらい釣ってもう数えるのはヤメた。いくらでも釣れる。
余裕があるので、どんどんルアーをチェンジしてあれこれ試す。
太いDORADOを水面でボショボショ暴れさせているところに
水面割って現れた青い背中がルアーに食いつく姿は壮観。
1m近いヤツも1本揚げたし、船中皆もう満腹って感じに。

最後はそれよりもっと大きな1本が掛かった。
5mまで寄せて見た横っ腹のサイズは、1m超えにみえる。デッケエ!
とにかく重い。弓なりになったロッドを更に引くと軋み音がした。
寄せても寄せてもギュイ~ンと潜られて、ラインが切れて逃げられた。
ロッドも糸の結びも全体的にもう少しヘビーにしてもいいかな、と。

結局今日は、どうやらカツオが不調だったようで
一度もカツオのナブラや餌釣り船と接触することなく終わった。
その替わり、たっぷりシイラを釣ってイイ練習になった。

ガヤガヤとした出航前の高揚感がたまらない。ルアーをくわえて逃げようとするシイラ。たくさん釣れるとこんな写真撮る余裕も。メスのシイラ。釣り上げたばかりだととてもキレイ。オスのシイラ。1mちかくありそうだし、デコでか過ぎ

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。