カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石蟹とアオリイカのリゾーニ   ,2011/06/27 (月)


週末獲ったアオリイカとイシガニを1皿に盛ろう。
できればここに蛸も加わると いっそう楽しかったけど
食材の量としては、この2匹でかなり十分。

イシガニは まずはブラッシングで隅々汚れを落としたら、そのまま水から茹でる。
甲羅が赤く色づいたら 湯から取り出して、解体し 肉と味噌をほじくり出す。
殻はまた湯に戻して 適当に煮出したら、漉してカニエキススープのできあがり。
スープも肉も 茹でカニの磯甘ーい香りが とってもイイ。
生で解体するより 茹でた方が身離れがいいので、作業が楽だ。

ニンニクで香り出したオリーブ油で、ブツ切りイカとネギの白いとこを炒める。
火が回ったらワインを注いでアルコール飛ばして、リゾーニ・カニスープ・トマトぶち込む。
あとは煮るだけ8分。最後の方で青ネギとカニ肉を入れて、塩コショウ。
焦げ付かないように汁気を飛ばしたら完成。

味はそのまんま、カニとイカの交差点。スゲうまい。
一口ごとに舌の上をカニが通りイカが通り、またカニが通る。
後味が少しシツコイので、レモンやサッパリ系のハーブを盛るのが良さそう。
魚介リゾーニは簡単で美味しくていいなあ。

今夜の食材はイシガニとアオリイカ。並べると絵になるなあカニのスープをとって、肉をほぐしたら準備完了。アオリイカの軟骨。プラスチック製のゴミにも見えるし、妖精の羽にも見える。石蟹とアオリイカのリゾーニ。カニの甲羅と一緒にイカ軟骨も飾るけど、なんかイマイチ。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。