カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生き物ガヤガヤ、スズキはバラし   ,2011/05/22 (日)


昨日から引き続き伊豆を南へ。
風は強いけどイカが狙いどころだろうと、風裏の磯へ。
きっと先行者が居ると思ったけど、誰も居ない。ラッキー
背の高い磯を回り込んでくる風に逆らわず、エギを投げ続けて
ちょうど夜が明けた頃にグンとイカが乗ってきたのを感じた!
揚がってきたのは軽いマルイカ。お目当ての大アオリではなかったけどまあ良し。

夜の磯に下りたら足元にはヒキガエル。海際でも居るんだなあ。久しぶりにイカが釣れた。エギング用のロッドにしたせいかアタリはハッキリと。イトトンボの仲間。トンボを接写するには風と草木になりきる。

南からの風を避けれて イカに遭えそうな港や磯をいくつか転々と
ランガンしながら ウロウロと南下していく。
南に行けば釣れるってコトじゃないけど、南伊豆が好き。
ただ何処の磯も港も釣り人が少ないような気がする。はて

それにしてもすっかり季節は夏。
磯に行く途中の草藪や木々の間に色んな虫をみつけるので楽しい。
フト見つけたのはカメノコハムシ!すごい。本当に透明だ。
図鑑や写真ではよく見るけど現物を見るのは初めて。

初見!カメノコハムシ。ほんとに透明だ。真横からみると確かにハムシらしさがある。ヤマグワ?の実が色づき始めた。なにかとベリーな時期だ。

このまま虫探しの方が楽しいんじゃないかと思ったけれど
南伊豆まできちゃったし、南西風も結構吹いているし
この状況ならやっぱりヒラスズキだろうと、磯へ出撃。
沖の方から重く垂れてきた雨雲、風、波、いい感じ。

見渡す限り地磯も沖磯も誰もいない。ちょっぴり荒れた磯を独り占め。
磯のヘリに立ってキッチリ足元にルアーを通していると、
ギョ!澄んだ潮の青い海の底の方から ギラリと光るスズキがグンと上がってきて
バクリとルアーに食いつくのを 真上からモロに見た!
ソリャアとゴボウ抜きにする途中で、ビチビチとエラ洗いされて逃げられた。
あーあ悔しい、食べ頃サイズの50cm。久しぶりだったのに。
ここが嵐のピークだったようで、波は落ち着き、スズキも出なかった。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • まるてる(管理人) (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2011/05/23
  • ..[編集]
>ikkj さん
あああ、気になります、三浦の磯も。
次の土曜日まで状況良ければいいのですが。。
あの、潮溜まりに閉じ込められた青透明の小魚ってなんなんでしょうね。
シラス?波っコ?ジャジャっと網ですくって掻き揚げにしたら
旨そうだナ~って思ってます。
  • ikkj (#-)
  • URL
  • ,2011/05/23
  • ..[編集]
生き物さがし楽しいですよね。
これからの時期はクワガタやカブトを探しながら歩きます。
前回相模湾側に~、と書きましたが、きのう東京湾側の南端磯にも鰯がいました!
チャンスかもしれません。

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。