カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イカを釣る者、釣らざる者   ,2011/05/15 (日)


昨日の午後からどんどん南風が強くなって、夜には結構荒れ気味。
車が風でグラグラ揺れるのを感じながらちょっと仮眠して
深夜0時に起きてみれば。風も波も止まってる。いい感じ。

港の堤防には既に何人か釣り始めているけど、早めだったようでイイ場所取れた。
時間と共にイカ狙いの釣り人がゾロゾロやってきて、段々互いの間隔も狭くなる。
そして皆、月明かりの下で黙々とエギを投げ、シュッシュと振る。

ふと、投げたエギがピクンピクンと反応が!
ナンだこの感じは?様子をみてると どうやらお隣さんとラインが交錯してる様子。
時折お隣同士でお祭りをしては、冷静に取り外して、次ぎに投げる場所を調整する。
皆、やってくるアオリイカの期待を胸に 小事には構わずチャンスを待つ。

そして夜も明ける手前、なにやら3人向こう隣にヒットしたようで、
ズルズル巻き上げた後にギャフで引きずり揚げたのは、きっと2kg近くあるアオリ。
ああ来る、これは来る。そうして投げ続けるとナンだか海草とは違う違和感を感じる。
でも軽いナと思ったとおり、エギの1.5倍ぐらいのとっても小さなイカ。。
これが沢山釣れるならそれもアリだけど今夜はちょっと忙しい。大物狙ってるんだから。

みな海を向いてそれぞれ投げ続けた。
別に敵でもなく味方でもなく、居合わせた同好のお隣同士約10数人ほど
その内3人はイカを釣る者となり、後は釣らざる者となった。
この差はナンなんだろうか。とりあえず今週はここまで。

釣れたのはチビっこのイカ。今忙しいからと海に返す。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。