カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伊豆の秘境探索とエギング   ,2011/05/06 (金)


伊豆釣行5日目。
だんだん秘境散策じみてきたけど、今日も森を抜ける磯へ。

フーフー息を荒げながら山道を登っていて
フト目についたのはナント!アミガサタケだ!
ワヒー、探しても見つからないクセに、何気ない時に出会う。
惜しむらくはすでにトウがたってて しぼみ気味。
それにしてもデカイ。15cmぐらいはある。
トガリアミガサでなくって、何か他の種類だったような気が。

磯に行く山道歩きのハズが、すっかりキノコモードがONに。
キョロキョロ探して歩いてたので、分かれ道を間違って
海に降りるどころか、気が付けば山の頂上まで登ってしまった。
そこはなんとも素晴らしい絶景。いいトコロ見つけた。

フジの花がちょうど見ごろ。森は新芽の若緑と藤色でとてもキレイ。磯へ向かう森から見下ろす青い海。なんだか十二湖みたい。出遭った!トガリアミガサタケ(と思う)。もうキノコが気になってしかたない。種別不明。

気を取り直して磯へ降りる。降りた先もまたコレ絶景なり。
どーんと目前の岩壁は、素人目でも明らかに地質が特徴的。
ナナメに走る柱状摂理の層は玄武岩だろうか、
それが砂岩にサンドイッチされているけど、ぜんぶ方向が違う。
グシャグシャに押し合いへし合いして出来た土地なんだな。

1万年前の地球ですと言われても納得しそうな風景の中、
藻の森をかすめてエギを投げ込み、クイックイッと散歩させる
だけどイカは飛びついては来ない。ま、雰囲気だけで満足。
カヤックで来ると気持ちイイだろうなあ。

この際だから足を運んでおこうかと、夕マズメはまた別の磯へ。
西伊豆でも一級の磯というだけあって厳しい岩斜面を降りる。
毎日の磯歩きでマヒしてきたのか、全然怖い感じがしない。
平日だからか人気もない。そしてイカっ気も無い。

結局本日も釣果なし。だけどもうボウズも気にしない。
西伊豆の秘境散歩はダイナミックだし、アミガサにも逢えたし。


磯の上の山に素敵な場所発見。なにか天体ショウがある時なんかに来たい。目的の磯はまるで原始の地球みたい。もう一つ別の磯。凄く高い崖なのに写真に撮ると全然そうは見えない。ガウディが作ったツバメアパート。その左手が磯に下りるコース
夜の堤防はイカ釣り人がゾロゾロ。沖合いの漁火がキレイ

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • まるてる(管理人) (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2011/05/07
  • ..[編集]
>シーガルハウスさん
一番近そうなのはトガリアミガサじゃないかなと感じます。
少なくとも「アミガサ」の一族である、ってのは確かですよね。
もう少しフレッシュなら1回料理ぶんはあったのですが。
アミガサ分類が統合される話があるのですか?知りませんでした。
きのこ業界は諸説色々でヤヤコシイですよね。
アミガサタケですね。
以前は数種類に分けられていたようですけど、
これとトガリアミガサタケの2種類で統一とか?
ホント、意外なところで見つけるものです。

その後、体調は問題無いです。
この前はユッケを食べましたけど。笑

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。