カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歩き遠い先端の磯へ   ,2011/05/05 (木)


伊豆釣行も今日で4日目。日にちの感覚がボンヤリしてきた。
今日も初場所探索をしようと、1日の始まりは入り口探しから。
地図と照らしてここぞという場所を見ると、
確かにガードレールの切れ目から、森へと続く踏み後が。

海は道路から森を抜けたずっと下にあって、直接見えない。
途中の分かれ道で悩んだら、GPSを見て行き先を決める。
そうやって海沿いの森を歩いていると、ふとキノコ発見。
きっとヒラタケだと思うけど、まだ自信がない。
去年の夏にも 磯上の森でイグチが沢山生えているのを見た。
意外に磯釣りでも魚とキノコの両方狙いも可能かも。

森を抜けると崖の下に磯場が広がる。
目的の磯のお隣に着ちゃったけど、磯づたいに行き来できた。
南西風が吹けばガンガンに荒れて、いかにもヒラが出そうな感じ。
でも今日はゆるりとした晴れの凪。足下のアオリを探る。
場所感は掴んだ。また今度ヒラ狙いに来てみよう。

夕マヅメ近くになって北風が強くなってきた。
実績のある港でイカに臨むも、風波やや強く荒れ気味、
サラシが出始めたので、ヒラスズキ狙いにチェンジして探る。
だけど反応なし。堤防でイカをやっていた人も反応なしだと。

ひとっ風呂あびた後にも、手近な堤防に出てイカ狙い。
北風はどんどん強くなり、温まった体もどんどん冷めてゆく。
水面には波に揺られて夜光虫がメラメラと青く光る
湯冷めしない程度で撤収。結局今日もボウズか。
イカ、逢いたいなあ。


磯への森の中を歩きやすい尾根道が続く。途中で発見したヒラタケ、、と思うキノコ。こんな沿岸樹林でも出るとは。通りすがりのフンコロガシを捕まえる。この子はオリーブグリーンがきれい。森を抜けたら、間違って隣の磯に出た
凪だしワンドは奥まってるので、まるで湖みたい。ここが目的の磯。確かに潮通しが良さそうだしサラシもでる

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。