カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春の浅瀬盛りフェトチーネ   ,2011/04/18 (月)


昨日、野島の干潟で狩ってきたアサリとガザミで料理する。
アサリは網焼きかボンゴレビアンコが一番だけど
今回は偶然にガザミも捕れた。せっかくだから一緒に盛り合わせようかと。
狙いはアサリとガザミをどちらも主役にすること。難しそうだけど適当に。

ガザミは小さいので 身を食うというよりはスープに活かそう。
前にやったイシガニのトマトクリームソースをヒントに、
ミソは丁寧に取り出して、手足はダシが出やすいようにハサミで割る。

湯むきしてブツきりにしたトマト1個、パセリみじん切り、あさり200g、
バラしたガザミ小2杯、ニンニク1かけ、ワイン50cc、パスタ100g
ここまで揃えばフェトチーネの茹で時間7分で仕上がる。

潰したニンニクでオリーブ油に香りが出たら、強火で熱をためて
ガザミの身とアサリを一気に投入、ジャジャーンって感じで炒めて
油が全体に回ったところでワイン・トマト・蟹味噌を入れて軽く煮る。
塩で味を調えたら、茹で上がり直前のパスタを煮て絡めて できあがり。

カニとアサリの2つの味を主役にすることはできなかったけど
どちらも混ざり合って「何か海の濃厚」って感じでメッチャ旨い。
トマトソースにしたくなかったので、浅く煮た生トマトがいい具合。
春の浅瀬の賑やかな連中を 一皿に盛り合わせてみたけど
やっぱり旨かった。


潮干狩りで捕らえたガザミ。触角に生えた海苔?がオシャレ。本日のレシピ。ガザミは味噌を取り出す。お皿の上に春の野島の浅瀬を再現、、のつもり。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。