カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
潮干狩りでアサリとガザミ   ,2011/04/17 (日)


今日は大潮、潮干狩りへ。
天気もよく暖かい季節になってきたので、朝からみんな押し寄せる。
野島公園の駐車場には、開園前から駐車待ちの車列が伸びる。

まずは様子見、ほんの手前の浜で軽く掘ってみると、
なんとなく全体的に4月初旬より大きくなってる。偶然なのかそういう旬なのか。
とはいえ、やっぱり大きいのは沖の方だと思うので、ウェダー履きで進む。
自然の摂理ではなくって、なるべく人が来ないポイントを選ぶ方がいいかと。

海中に手を突っ込んでゴソゴソ探ってると、結構なサイズもチラホラ。
たまにギザっとした物を掴んでみると、おお!ガザミ。
ギュっと挟まれるけど、グローブを着けてたので助かった。

水底のアサリを探ってると、たまにガザミに挟まれる。グローブしててよかった。奥まで行くとアマモの森がある。小物が居付きやすいのだろう。

今日の収穫は、前回よりも少しアベレージの大きいアサリを、2回料理分。
それとあまり大きくはないけど、初ゲットのガザミ2杯。
調べてみたけど細かい種類はよく判らない。純なガザミかそれともタイワンガザミか。
特に1匹はボディの白粒模様と青紫のカラーがとても美しい。

砂抜きを終えたところで力尽きたので、今夜は大粒だけ選んで網焼きを。
貝が開いた時に転んでスープがこぼれないように、足元をホイルで固める。
準備万端と思ったけど、実際火を通すと全ての貝は身を上側に残して開く。
熱が通りやすい下側の貝柱が先に切れるって事かな?

多少スープはこぼれるけど、開いたらひっくり返して焼くことに。
ほんの数滴、薄口醤油をたらして、ちょっぴり刻みネギを添えて
焼けたら殻に張ったアサリスープごとジュルっと。とても濃厚で旨い。


本日の収穫。アサリ2料理分とガザミ2杯。そこそこ大きいアサリと、あまり大きくないガザミ。大きいアサリは網焼き。どうやっても逆さまになってしまう。

...このアサリとガザミを合わせてパスタソースに
...このアサリをおこわに

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。