カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春の始まりを告げる嵐、鱸には会えず   ,2011/02/18 (金)
朝、城ヶ島に到着。車を停めて 細い土産物の通りを抜けると
南の沖に向いた磯に、ドッパーンと10mぐらいのしぶきが上がるのが見えた。
真っ直ぐ立って居られない程の風、ゴウゴウと4,5mの波。
これは春一番級の嵐だ。



高台の磯まで波が乗り上げていて、どこも危なくって竿を出せない。
辺り一面 波が霧のように舞い上がって、手も顔も塩味に。
だけど南風のおかげで、春のように暖かくて気持ちがイイ。

予報どおり、朝の前線通過をピークにみるみる風は収まって来たので
いくから波を食らわないポイントで、スズキを探してみるけど、特に反応なし。
何人かルアーキャスターが居る。たぶん同じ狙いだろうけど、釣れているのは見なかった。

その後、風がま反対の北風に変わって、夕マズメからはどんどん冬に戻ってゆく。
それでもウネリは残っているので、南向きの磯は波が高い。
夜まで頑張ってみるけど、特に反応なし。
今日は会えるんじゃないかな、と思ったのに。


朝の城ヶ島は春一番級の大荒れ。嵐の後の磯や浜は漂着物でいっぱい。そろそろワカメの良い時期か。日が暮れてもウネリが残って、波表の南の沖向きのではかなりの波に。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。