カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イモとクルミを掘り出す   ,2010/11/25 (木)


近所の畑では、サツマイモの収穫があらかた終わったようなので
じゃあ そろそろ、ウチの庭のイモも掘ってみるかと。
慎重に掘ってみると細い茎の先に小指程度の細いイモ。。他には無さそう。
こぶし2個分程の立派なイモを植えて、出来たのは小指2本。割りに合わないなあ。
来年はちゃんと植えてみようか、な。

庭に埋めたイモから葉が出てきた。サツマイモの収穫。イモというより根に近い。

そういえばイモと一緒に、胡桃を埋めていた事を思い出した。
生で収穫したクルミの実の部分を 腐り落とすために埋めたんだった。

どれだけ深く埋めたか忘れたので、慎重にスコップで掘ると
炭の塊みたいなのがゴロゴロ出てきた。よく見たら真っ黒になったクルミだ。
ガチガチに硬いハズの殻は、手で潰れるぐらいに柔らかくなってる。
腐ってるのやら、発芽の前段階なのか。どうやら埋め過ぎにようで。

そういえばもう1箇所あった。10月に旬の最後で収穫したヤツ
約2ヶ月埋めていた事になるけど、コチラはいい具合に硬いまま出てきた。
果肉は真っ黒にボロボロと土のように剥がれて、中の茶色い硬い殻だけ残った。
サッと水洗いでは黒い汚れが取り切れないので、ブラシでこそげ取る。
キレイにしたら、おお!これはクルミだ。当たり前だけど嬉しい。

クルミは埋め過ぎると土に帰る、のかな?堅く生き残ったクルミ。黒ずんだ果肉を落とすと艶々。

石割ハンマーで何度かゴチンと叩くとビシっと割れる。
中を覗くと、腐っているのか液状化してたりする。やっぱり期間が長すぎたか。
なんとか4割ぐらいは、ちゃんと固形を保っている。
とは言っても今度はビッチリ堅く殻の内側にへばりついてて取れない。
竹串でほぐすと、ハガレるというより、粉々になってしまう。
殻ごと下から炙ってみたら、多少身のハガレが良くなった。
ここまでするのに、結構な手間がかかる。もう少しやりようはありそうだけど。

まずは最初なので、なるべく素の味を試してみよう。
渋皮付きのままフライパンで空炒りすると、皮は焼けてハガレたり縮れたり。
塩ふって食うと じんわりナッツの濃い脂と味わいが とっても旨い。
ただ少し手間がかかるなあ。


割れはするけど、中身の取り出しが難しい。今日の収穫を味見。イモ根はまあまあ、クルミはかなり旨い。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。