カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワラサバーガー、旨し。   ,2010/11/09 (火)


刺身を食うなら、醤油で食えば間違いは無い。
だけれど、ちょっと脂の乗りが薄い刺身ならば、
オイルを加えてより一層味が引き立たせるというのもイイ。
そういうレシピを検索して一番近そうなのは「カルパッチョ風」か「刺身サラダ」
他になんて呼ばれてるだろうか。

先週末に釣ったワラサは 脂ベッタリでは無いようなのと、
この前友人からもらったバーガー用の手作りパンがあるので
今夜はワラサでバーガーを。

ワラサの身は より脂の濃い腹側を刺身にして、塩と胡椒しておく。
ソースは バルサミコとオリーブオイル、少し爽やかさを出すために白ワイン
それら水と油を様子みながら配合して混ぜると うまく乳化してソースになる。
焼いたパンにスライスオニオン、ワラサ、トッピングにミニトマト、
そこにソースをかけて挟んでしまえば完成。身、デカ過ぎも悪くない。

このフレッシュワラサバーガー、ホントーに旨い!大好き。
しかも昨日に比べて、身の味がグッと良くなってる。熟成が進んだようだ。
ギっとアクセントのオニオン味の上に、ドワっと太いしっかりしたワラサの身の旨み。
サワーなソースでまとめて、フカっとパリっともの凄く旨いパンがありがたい。

これはイナダ・ワラサの定番にしよう。
そのためには、旨いパンを探しておかないと。


ワラサバーガーのレシピ。良いパンと良いワラサがあればぜひやりたい。パンが小さくてワラサはデカイ。デローンと飛び出した身をガブリと食うのがイイ。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • まるてる(管理人) (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2010/11/11
  • ..[編集]
>fuuさん
大抵、料理の写真を撮ってるとガマンできなくて、まずはひとくちビールからいっちゃいます。
COEDOはなかなか素直で素敵な味でした。
価格がもうちょい高くなければ、メインビールにしたいなあ、ぐらいは気に入りました。
他の色も試してみようかと。
  • fuu (#3jISyIMY)
  • URL
  • ,2010/11/11
  • ..[編集]
一切れ一切れ 厚みがあっていいですね~。

COEDOは好きな地ビールのひとつです。
青い缶 瑠璃-Ruri- のほうが好きかな(*^_^*)

ていうかバーガーいくまえに プルタブ起きてますが(笑)
伽羅-Kyara- はちょっとぬるめのほうが うまいっ。
  • まるてる(管理人) (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2010/11/10
  • ..[編集]
>Ike さん
特に赤身魚やサーモン類には よく合う料理だと思います。
Ikeさんみたいにマグロやカツオをしとめるようでしたら、
刺身に飽きたナーという時にもいいですし、
実際刺身より、こっちの方がイイなって時も多いです。
簡単なわりに凄く旨いですよ。お試しあれ。
こ、これはー!
予想外の展開に驚愕!!(笑)
これは釣って試してみない限り想像がつきません(^^;)
でも美味そう。。。

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。