カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ムレオオフウセンのフォカッチャ   ,2010/10/21 (木)
101022-001916_f.jpg

キノコ狩りに行って採ってきたキノコを
みんないつもどうやって食ってるのだろうか。
日本なら炊き込みご飯にでもする、というのと似た感覚で
イタリア人はピザやらフォカッチャにするのではと。

一時期ピザにハマっていたので道具も作り方も揃ってる。
食いたいと思って最短1時間あれば作れるので、今夜さっそく。
久し振りに生地を作るのでレシピは忘れたから、もう適当に。
要するにコネてふかふかになればいいのだ。

以前、生キノコをピザにトッピングして失敗したことがあるので
今回はトッピング用のキノコソースを作る。
みじん切り玉ねぎをたっぷりバターで炒めたらスライスキノコ投入
あらかた炒めたらワイン、後は湯も足して煮る。最後は塩して水気を飛ばす。

後は生地を広げてキノコソースにチーズと胡椒して、釜で焼く。
焼き上がり直前にローズマリーと、焼きあがった後にスダチをふって
ムレオオフウセンタケのフォカッチャができあがり。
すっごく美味しい。今回は大成功。
これでまたひとつ、キノコ狩りの定番料理ができた。


コスモスいっぱい、秋。イタリアではキノコ狩りに行った後は、何で食うのだろうか、と。ムレオオフウセンタケのフォカッチャ。これは完璧。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。