カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニオウシメジはかなり旨い   ,2010/10/19 (火)
101020-000444_f.jpg

富士山のキノコ狩りの後にいつも寄る「山物市場」で先週末、
そこの若大将に面白いモノがあるといって見せてもらったのは、
なんとニオウシメジ。おお!初めて見た。

図鑑で一目見たときから、非現実的なサイズは一度採ってみたい、と。
南方系のキノコなので、そうそうその辺には生えていないだろう。
関東で出たとニュースを聞けば、だいたいは人ン家の畑や公園とかで
採るチャンスは限りなく薄い。

今回、細い所を少し分けてもらった。試してみるとイイと言って。
本来巨大キノコなので、細いといっても普通のキノコサイズ。
とは言え 量は少ないので、コイツの味を確かめるために慎重に食ってみよう。

細いけど、これがニオウシメジ。
少し時間が経ってやや色が黄ばんでる。

まずは1本の半分、ホイル焼きはアルミの味を拾いそうな気がするので、
スライスして熱したフライパンに、癖の少ないピーナッツオイルをひいて
チュワーと弱火で炒めると、いい感じの水分が出て、凄く良い香りが広がる。
丁寧に裏っ返して、出てきた水分が飛んでしまわないうちに、塩して完成。

一口食ってみたらギョ!むっちゃ旨い。
大きいからって大味にならない、とは聞いていたけど、そんなレベルの話ではない。
キノコとしてはまっすぐ王道な味で、スッゴく美味しいな、これは。
歯応えはちょうどイイ感じで、水分に含まれた旨み成分がすごく旨い。

結局、あんまり美味しいので、残りも全部同じようにシンプルソテーにしてしまった。
また食いたいって言っても、どこで手に入るやら。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • まるてる(管理人) (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2010/10/20
  • ..[編集]
>シーガルハウス さん
食べた後になって気が付いたのですが、
庭に胞子を蒔いておけば良かったかな、と。
確かに生きてる内に 見つけて、引っこ抜いてみたいですよね。
そして巨大キノコ料理にしてみたいです。
津久井や七沢で見つかった事もあるというので、
全く無理では、、ないでしょうね。 (^_^
富士方面まで行かずとも、この辺りでも見つけられる“可能性”だけはありますね。
超低い可能性でしょうけど、生きている内に見つけてみたいものです。笑

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。