カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鯖の甘酢〆もポワレも今一歩   ,2010/10/05 (火)
101006-003408_f.jpg

昨日に続いて今夜もサバ。
半身にして2つの料理を試してみた。

1つ目は 甘めの〆鯖。甘くしたら美味しいかな、と。
皮を剥いた半身に砂糖2:塩1の比率でまぶして、常温放置。
塩も砂糖も浸透圧には変わらないだろう、と。
1時間後に洗って、ドバっと砂糖を入れて甘くした酢に漬ける。
できあがりは、思った程甘くはない。砂糖の浸透は塩とは違うようで。

2つ目はソース無しポワレ。
皮を剥いだのと、そのまま皮付きのに分ける。
フライパンに薄く引いたオリーブ油で 背中だけを焼いて
身の方にはスプーンで熱い油をかけて火を通す。
できあがりは 普通の焼き鯖。幕の内弁当なんかに入ってるような。
少なくとも皮を剥いだ方が、身がカリっと焼けて青物らしい味になった。
この料理はスズキだと凄く旨いんだけど、サバだと活かせてない気が。

両身とも、普通に美味しいけど、もう一歩って感じの料理に。残念。
また釣りに行こう。


鯖の皮は手で剥ける。皮むきちょっと失敗。剥いた皮に銀色を持っていかれた。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。