カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暑さが過ぎたのでおはぎを   ,2010/09/29 (水)
100930-012308_f.jpg

駅へ向かう道すがら、田の畦に彼岸花の咲いているのを見た。
ちょうど先週あたりが彼岸だったろうか、
確かにそこを境に暑さは去って、すっかり秋になった。
お彼岸にはおはぎを作ろう。

小豆のアクを取りながら煮て、砂糖を混ぜて水分を飛ばす。
餅米とうるち米をブレンドしたのを炊いて、半殺しにしたら
あとはコネコネと餡を餅で包んで、きなこなんかをまぶせば出来上がり。
こねる時に塩水を手にすると、米が引っ付かないし塩味も上手くのせられる。

オハギといえば一番好みはきなこ。
胡麻のオハギはあまり好きじゃないけど、青海苔は好きなので列に加える。
他にもっと色々まぶしてみたら楽しいんじゃないかと探してみて
実験でコウタケの粉をまぶしてみたけど、何かが違うような。
アイスクリームにまぶした時はうまくいったけど、アンコには合わない気がする。

さらに思いつきで 庭のシソ花をまぶしてみたら、これは見た感じはとてもイイ。
味の方は悪くはないけど、シンとしたシソ花の香りには味噌餡の方が合うだろうか。
結局4色できて、並べてみたら彩りがとても楽しい。
今度オハギをやるまでには、まぶすための乾燥品を準備しておこう。


近所の田んぼの畦には彼岸花が咲きそろっている豆を煮て、もち米を炊く。手間はかかるけど難しくはない。きなこ、青海苔、思いつきでシソの花。色とりどりのオハギができたら楽しい。シソ花のおはぎ。ツンとしたシソには普通の餡コより味噌餡が合うだろうと思った。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。