カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キノコは出ず、ヤマブドウがそろそろ   ,2010/09/25 (土)
ヤマブドウが採れ始めた

朝寝坊したので、ゆっくり富士山へ。10時には到着、森に入る。
先週はかなりキノコが少なかったので、今週はどうだろうかと
順当に行けばそろそろハナイグチやらナラタケが採れると思う。
様子を見て、いつもより標高の低い森に入るけれど
少し歩いただけで、殆どキノコが生えていないのが分かる。

下にないなら上だろうかと、今度は標高を上げていくけど、無い。
先週よりも無いように思う。キハツダケすら無い様子。
やっぱり夏の終わりの残暑と乾燥が影響しているのだろうか。

富士は諦めて、別の里山も見に行ってみる。
もしかしたら、ナラの森には何か出てるのではないかと。
少しばかり探ってみたけど、あまり芳しくない。

アチコチの森を移動している最中、
ふと見たヤマブドウには黒い房が垂れ下がっている。
緑の未熟な実も混じりながらも、そろそろイイ時期なのかも。
高い木に絡まっているので、普通ならば手の届く所にはないのだけれど
ロープを投げつけて木をしならせて、なんとかジュース1杯分採った。
今日の収穫はヤマブドウぐらい。


昨日の雨が富士山頂では雪に。初冠雪かな。クリタケと思えるけど、ちょっと違う気がする。ウスヒラタケだろう。後から図鑑を見てそう思う。本日の収穫。キノコは貧果だけれどブドウが採れた。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。