カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏キノコの虫抜き処理   ,2010/09/06 (月)
週末に採ったショウゲンジ。半分以上は虫食い。

昨日の富士山での収穫キノコを処理する。
量と種類から分けると、ショウゲンジとホウキタケは単品で、
クロラッパも採ってきたはずだけど、見当たらないので諦める。
あとの残りは全部一緒に煮てしまおうかと。

今週のショウゲンジは半分ぐらいは 柄がスカスカ。
割ってみたら中の身はバサバサで、白いニョロニョロ虫が沢山居る。
判っていたけど数が採れなかったので こんなのでも摘んできた。
虫多い夏キノコをうまく処理するため、今回は塩水漬けの虫抜きをトライしてみた。

ボウル一杯の水に小さじ2~3杯の塩を混ぜて、手で裂いたキノコを浮かべる。
30分としない内に、出てきた虫がボウルの底に溜まってくる。
なぜ出てくるのは不明だけれど、窒息とか浸透圧で暴れているのかな?
キノコは浮くが虫は水に沈むので、出てきた連中は二度とキノコには戻れない。
この方法は、虫を抜くにはイイけど、少しキノコエキスが流れ出る気がするなあ。

虫が取れたところで あとは料理。
ショウゲンジは薄口醤油と煮て 炊き込みご飯用の具材に。
ハナイグチやその他キノコは 山椒と一緒に甘辛く煮て、山椒煮にしてみた。
どちらも丁寧にアクを取りながら小一時間にて、明日以降まで寝かせる。
寝かせて旨味が染み込んだら 食おう。


夏キノコには虫がよく着く。特に中をバサバサにするのが、この白いニョロ虫。塩水にキノコを浮かべて置くと、ニョロ虫が出てきて沈む。楽チン。ショウゲンジは茹でると、いつまでも白い泡のアクが出る。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • まるてる(管理人) (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2010/09/08
  • ..[編集]
>kさん
いつかやりたいって言ってましたが、ついにやってみたのですね。
http://karukoo.blog43.fc2.com/blog-entry-550.html
ヒラスズキ釣ってるそうですね、それで作ったのでしょうか?
だとしたら、いいなあ。羨ましい。。
ヒラは旨いですし、ひゅうが飯にとてもよく合いそうです。
ヒラでなくても、色んな魚を美味しく食べる食い方ですよね。
  •  (#yyI5JkFE)
  • URL
  • ,2010/09/08
  • ..[編集]
ブログ内容と関係ないコメントですみませんが、ついにひゅうが飯作りましたよ(^^)
かなり美味かったです!
良い情報ありがとうございました(^_^)

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。