カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気がつけばコウタケの輪の中に   ,2010/08/28 (土)


昨日届いたばかりのOregon450を持って富士山へキノコ狩りに。
似たような景色が続く富士の森では、ざっくりとしか場所がわからない。
なので先週 見つけたマツタケの場所に辿りつくのは難しい。
だけど今回からはGPSがある。まずは見つけたシロを記録して行こうかと。

GPSの電源を入れて、森へと入る。
空を遮る木々に囲まれた中でも、それほど問題なく場所を特定する。
以前に知人より借りた旧モデルよりもキビキビと衛星をキャッチする。コレいい。
5~10mの誤差があるようだけれども、その程度なら目で探せる範囲だ。

慣れない端末をピコピコいじりながら、ソナーのように首を振り振り森を進む。
ポツリと立つヤマドリタケ(モドキ?)を見つけたので、寄っていって摘む。
さて次、と立ち上がって1歩踏み出した瞬間に目に映ったのは茶色いトゲトゲ。
コウタケだ!地味な色のわりには、南国の花のような毒々しい形がとても目立つ。
しかも首を横に振ると点々とコウタケが続いて、輪をなしている。
おお!知らない内にコウタケのフェアリーリングの中に居た。

富士のコウタケを発見。
ケロウジも少数混じるけど、ほぼ本物。

コウタケが採れた時は、似て非なる苦いケロウジが混じってないかの確認を。
前回教えてもらった通り よく確認したら、いくつか混じっていたけど
友人と山分けをしても、ドンブリ2杯ぐらいは採れた。結構な量だ。

その後も どんどん森を進み、そこそこ採った。
ショウゲンジ・ツガタケ・ホウキタケ・カノシタなどなど。
いずれも収穫場所をGPSで記録しておいた。コウタケの妖精のリングも。
また来年、タイミングと運が良ければ、また輪の中に入れるかもしれない。
キノコ狩り×GPSは面白いかも。

アメリカウラベニイロガワリ(?)かと思うのだけれど。傘の色は落ちているのか薄い。ある意味今日の本命のショウゲンジ。ちゃんと出てきていた。クサハツ(毒)の立派な群生。一瞬オオツガかと思うたびにガッカリする。Oregon450で位置を記録しながら。木々の陰では問題なく使える。
ホウキがしっかり出てきている。今回はシロの場所も押さえたし。本日の収穫。最近量を採る気がないのだけれど、思わず1コンテナを超えた。


...保存に失敗、大半をダメにした。
...乾燥品にできたコウタケを、粉にしてアイスクリームにトッピング

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • まるてる(管理人) (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2010/09/01
  • ..[編集]
>Ike さん
お返事遅くなりました。
この時期の高山はとても清々しくて大好きです。キノコも出てきますし。
たしかに野生のキノコは謎が多くて、ウカツに食べるものじゃないですね。
でも楽しくてやめられません。すっかりフェアリーリングに囚われているようです。

トップの写真は、リングのイメージ図です。。
こんな感じで菌輪があるのかな、という。
残念ながら撮影だけではイメージ再現できないので、レタッチでカバーしてます。
いつものキノコの話題はとても面白いです。
海もいいですが山もいいですよね。
キノコはしっかりと勉強しないと命を
落とすこともあるそうですが…
ところで愚問なのですが妖精の輪。
あの写真の正体は?

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。