カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
独り占めカラフトマスを攻めきれず   ,2010/08/13 (金)
人の少なさを狙って入った川。数匹のカラフトマスがうろつく。

朝から移動して、枝幸から宗谷まで約100km。
釣り場となる河口には すでに車が10台以上。
次々にやってくるので、急いで支度して浜に出る。
雰囲気はとても盛り上がっているけど、誰も釣れない。
ため息ばかりの朝マズメ。

久しぶりに昼はカラリと日が射してきたので
テントやらウェダーやら 濡れ物なんかを全部干して、本を読む。
陽は暖かくても風がやや肌寒い。やっと北海道らしくなってきた。

天気が崩れ始めて、夕マズメをスタート。
小さい河が2本流れ込んでいる浜に行ってみると、人はまばら。
他の釣り人は太い方の川に集まってるので、細い方を独り占め。
パッと見で群は居なさそうなので、やってくるのを待つしかない。

投げ続けて小一時間、ふと浪打際の引き波にカラフトマスの姿を!
おお来た!急ぎ、周辺を探るけれど特にアタリは無し。
その後も何度かカラフトの2~3匹が、すぐ近くまで来るので
波打ち際でトロトロとスプーンを見せ付けるけど、乗ってこない。
100m向こうの太い川を伺うと、釣り人は遠くを見るばかり。
どうやらこっちの細い川が正解だったようではあるけど。

雨降りなんて気にしないで、目の前に居るであろうカラフト目指して
今度こそ、と投げていると、突然頭上からピカリと稲妻が走った。
こんな広々とした浜でロッド掲げてたら、本当に落とされそうなので
残念ながらここで撤収。走って車まで逃げた。

撤収して日が沈んで、宗谷の港を散歩してみると
静かな水面にパシャパシャと生き物の気配が。
ライトで照らすと、竹串サイズのダツ?が跳ね回ってる。
よく見たら、その下には何やら30cm級の魚の群がいたり、
岸壁には北海らしいカニやらエビやらアイナメやらが。
こんな手元足元でこの賑やかさ。さすがに豊かな海だなあ。

そんな北海にアタックするのも明日で最終日。
どこの浜で待てばいいのか悩ましい。


昨日あった手錬に教わって、スプーンを今より軽めの7~10gにする。海風、太陽、洗濯、読書。気持ちいい。港の岸壁に居た10cmを超えるエビ。ホッカイシマエビでは?こんな旨そうなのが手で採れる。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。