カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宗谷でやっと逢えたカラフトマス   ,2010/08/11 (水)
浜にずらりと釣り人。これでも最盛期よりは少ない、と。

カラフトマスを求めて オホーツクの釣旅二日目。

少し寝坊して朝5時ぐらいに目的の河口に到着。すでに十数人が列なす。
入れ違いに撤収する釣人に聞くと、まだ誰も揚げてない、と。
端の方から列に加わり、スプーンを投げていると、
河口直下のルアーマンがカラフトマスを揚げたのが見えた。おお居るな。
遠目で見た感じ ギンギラというよりは黒っぽい印象。居付きだと聞いた。

変化の無い海面を、広く探ってみようとルアーを遠投しては巻いてくる。
ふと周囲を見ると、ホンの10mぐらいしか投げてない人が多い。
そんなに際に居るもんかねと思って、じっと足元を見てると
背びれを出して5~6匹の群が行きつ戻りつしている。コレ狙ってたのか。
そんな足元の魚の傍にルアーを通したときに、コツンと海草に引っかかると
間違いだと気づく一瞬前に心臓がドキンとする。

この群はすでに居付きのようで、なかなか食ってはこない。
結局この朝、この浜では、20名程やって揚げたのは1本、バラシ3ぐらい。
渋い。誰もがそう言う。

大雨の昼、車内ストックの本が切れたので、稚内まで買出しに行く。
帰り道にはすっかり晴れて、宗谷の沖に陸が見えた。あれが樺太だろう。
本を読んで、疲れて寝て、そしてまた夕方起きて。

不漁の噂でも広がったのだろうか、夕方になっても釣り人は3人。
きっと魚は居るだろうと信じて、雨後の濁った海にルアーを投げていると、
新たにやってきた地元っぽい一人が隣で投げ始めて
すぐにバシャバシャと足元までカラフトマスを寄せている。ええ?!
取り込みに失敗して逃がしてしまったようだけど、すぐソコに居たよと。
ああ、立ち位置がほんの3mでこの差か。

手前勝負ならばと、軽いミノーに替えて、フラリフラリと流れに乗せてみる。
するとすぐにググンと来た!でもなんか素直に喜べない軽さ。
余裕でゴボウ抜きしてみると、20cmぐらいの小さい個体。
すかさずお隣さんが「お、ウグイか」と言うので、よく見たら確かにその通り。
なんだチビ鱒ですら無かったのか。

その後もウグイだけはコツコツと良い反応を見せるけれど、
ジョバジョバと遡上してくるカラフトマスは、全然相手にしてくれない。
まずは鱒の姿が確認できたので、今日のところはOK。


稚内で糠ボッケを見かけたので、自宅へ送った。衝動買いしたリール。連日使用でカーボンの軽さを体感。ミノーに乗ってきたのはウグイ。これはこれで立派な魚なんだけど。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。