カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンズタケのパン粉焼き   ,2010/08/04 (水)
アンズタケと海老のしんじょう?パン粉揚げ?

先週末に採れたアンズタケを料理する。
正直、アンズタケは花の香りがイイけど、すごく食べたいって感じではない。
欧州じゃ有名なキノコだと聞くけど、どうやって食ってるのだろう。
イメージだけで揚げ物2品やってみた。

1つは海老と合わせる料理を。
海老を細切れにしたところに、アンズタケのぶつ切りを混ぜる。
オイル、レモン汁、アスパラの穂先、それに卵白と小麦粉をつなぎに
塩コショウして混ぜ混ぜしたら、パン粉を付けて揚げる。

もう1つは挽肉でハンバーグに。
鶏モモ挽肉にアンズタケぶつ切りと ちょっと玉ねぎと牛乳を混ぜ混ぜ
ペッタンぺっタンと平べったくして、パン粉を付けて揚げる。
ボロリと崩れて、中までジュンジュンに油がまわって、なんだかイマイチ。

結局成功したのは海老のほう。卵白がコーティングの役目を果たしたのか。
こんがり焼けて、ホクホクとした海老しんじょう揚げ?みたいなものに。
美味しいけれど、アンズタケらしさは ほんのかすかに感じる花の香り。
色味も味も活かせてないような。


富士山麓のアンズタケ。状態がいいヤツだけ選別した。左)アンズタケと海老、右)アンズタケとモモ挽肉。混ぜて焼いてみようかと。左)海老のしんじょう揚げ?は成功。 右)モモ肉とのハンバーグは失敗。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。