カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ショウゲンジを探してアンズタケを採った   ,2010/08/01 (日)
富士山のアンズタケ

友人からショウゲンジが出たとの一報が入った。食べたいな、ショウゲンジ。
今なら何処で出るのだろうか。そもそもこの時期のキノコはよく知らない。
なので 2週前と同じく調査がてらに標高の高いエリアへ。

いつもの巡回ルートに沿って 息切れしながらチビチビと標高を上げていく。
ポルチーニを期待したけど、代わりにドクヤマドリばっかり。
ウスタケとフサクギタケが出始めていて、本格シーズンのスタートを予感させる。
黄ホウキ・花ホウキが出始めていて、これならそろそろホウキタケも出るだろう。
なんとか1本だけ古びたショウゲンジを見つけたけど、高高度はこれまで。

標高を下げて、林道を車で点々とキノコを探して移動する。
途中、緑の梅のような実を見つけてハッと見上げると、大きな胡桃の木を見つけた。
クルミは今が実のなる時期だったか。いくつか拾って食べてみよう。

本日の収穫、メインは出始めのアンズタケ。
未だ好調なタマゴタケと、まだ残ってたコガネヤマドリ、他にも単品がポロポロと。
狙っていたショウゲンジはまだ来ていないようだけど、来週あたり来そうな予感。
来週は盆休みで富士には来ないから、翌々週に期待。


ドクヤマドリ(毒)。食った人の話では凄く旨いけど、3日入院したとか。倒木更新。朽ちた親木のバサけた木質の下から新芽が。オオツガタケ!と期待したけどニセモノ。なめると酷く苦いのですぐわかる。ポツリとスミゾメイグチ。見た目の特徴は少ないけど、変色でわかる。
今日のショウゲンジはこれ1本。しかも古い。実を付ける季節は、特に胡桃(ヤマグルミ?)を見つけやすい。少し虎模様の渋い黄金色の毛を持つハナカミキリ。かっこいい。本日の収穫。アンズタケとタマゴタケがメインか。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。