カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
料理教室に行ってみた   ,2010/07/25 (日)
イタリア料理教室。鏡があって上から見下ろせる。スゲえ

お付き合いのあるシェフがイタリアン料理教室をやると言うので
昨日釣ったカツオ3本をお土産に、参加してみることに。
以前から憧れていた料理教室というものに初めて行ってみた。

本日のお題はトマトと海老の冷製パスタに、ミラノ風のカツレツ。
いずれも作れと言われれば、それっぽいモノは作れると思うけど
今日の料理では、作る過程に散りばめられた小さな料理のテクニックが盛り沢山。

おかげで、塩とオリーブオイルとビネガーとトマトの使い方が少し解った。
先に塩しておく訳とか、オイルと水分を混ぜたときの乳化のセオリーとか
なぜ混ぜるのか、なぜ水気を切るのか、ちゃんと理由が聞けるのってありがたい。

できたらみんなでワイワイ言いながら食う。よその皿と食べ比べたりして。
持ってきたカツオはシェフがイタリア伝統料理にして、これもみんなで食った。
食いしん坊の集まる料理教室は楽しい。

前日に釣ったカツオを3本提供。プロにイタリアン伝統のタタキにしてもらった。本日のお題、冷製パスタとミラノ風カツレツ。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • まるてる(管理人) (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2010/07/27
  • ..[編集]
>Ikeさん
まだチャンスのうちに、行けるだけ行っておこうかと、先週も行きました。
凄く楽しいし美味しいのですが、そろそろまた陸からの釣りに戻ろうかと。
そろそろイナダとかが回ってくるんじゃないかな、と。

基本的に、中型以上の釣り魚は血抜きしてナンボって思ってます。
カツオの〆は先達に教わった通り、鯖折で血抜きした後に氷水ぶち込みです。
それ以外の状態での味の差は 知らないのですが、
血の味の強いカツオではやっておいた方がいいかな、と思いました。
カツオの体は柔らかいので、素手で首を千切って折るのは簡単ですし。
とは言え、5kg超えたりしたら鯖折も一苦労なんでしょうか、、知らない世界です。
  • Ike (#hXUhQmuQ)
  • URL
  • ,2010/07/27
  • ..[編集]
あらーまたかつお狩りに行かれたんですね。いいな~
相模湾から殆ど出ないワタシはやってくるのを待つばかり。
でも水温が何故か低すぎます。3度も低いんですね。これではまだ無理。
もしかしたら冷水塊があるのかも。これだとやばいです。

まるてるさんはかつおは鯖折りにして完璧に血抜きしてますね。
やはり違いますか?ワタシはキンキンの氷水にぶっ込んでの絞め。
魚の旨い〆方は未だによく分かりません(^^;)

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。